関ジャニ∞「関ジャムFES」で打首、石崎ひゅーい、シッキン、スカパラと一夜限りの豪華コラボ

2103

ライブイベント「テレビ朝日ドリームフェスティバル2021」の最終日公演が、9月26日に千葉・幕張メッセ国際展示場で開催された。

東京スカパラダイスオーケストラ (c)テレビ朝日ドリームフェスティバル2021 / 写真:岸田哲平

東京スカパラダイスオーケストラ (c)テレビ朝日ドリームフェスティバル2021 / 写真:岸田哲平

大きなサイズで見る(全31件)

最終日の26日は関ジャニ∞のレギュラー音楽番組「関ジャム 完全燃SHOW」とコラボレーションした「関ジャムFES」と銘打って開催。MCの関ジャニ∞のほか、番組でもおなじみのアーティストが集結し、一夜限りの豪華コラボレーションの数々で観客を楽しませた。

イベントのオープニング映像では「関ジャム」の支配人を務める古田新太が、番組宛てにかかってきた電話に応対する様子が映し出される。関ジャニ∞メンバーやゲスト陣に関する小ネタで場内を和ませたあとは、関ジャニ∞の5人と古田がステージに登場した。「関ジャムFES」は2019年に初開催が予定されていたものの台風の接近により中止され、昨年も新型コロナウイルス感染拡大の影響により開催が見送りに。ついに初開催を迎えたこの日、古田はオープニングVTRを2年前に撮影していたものだと明かし「よう取っといてくれたな!」と笑顔で喜んだ。

打首獄門同好会 (c)テレビ朝日ドリームフェスティバル2021 / 写真:岸田哲平

打首獄門同好会 (c)テレビ朝日ドリームフェスティバル2021 / 写真:岸田哲平[拡大]

メンバーそれぞれが思いを語ったあとは、トップバッターの打首獄門同好会のライブがスタートした。オープニングナンバーは念願の開催を迎えたこの日にふさわしい「新型コロナウイルスが憎い」。大澤敦史(Vo, G)は歌詞を「しかしようやく開催だ、関ジャムFES!」と変えて歌い、オーディエンスを盛り上げる。「筋肉マイフレンド」では大澤の煽りに応え、観客が一斉にスクワットを繰り返した。その後は「テレビ朝日の番組じゃないけど……(笑)」と注釈を入れつつ「カンガルーはどこに行ったのか」「シュフノミチ」とタイアップ曲を連投した。

ルールを守り、一切声援を送らないオーディエンスに向けた「今、皆さんは感染対策をちゃんとできています。しかし逆らいづらい本能というものもあります。皆さんは推しが突然ステージに出てきたとき本能と戦う準備はできていますか?」という大澤の言葉に続いては、コラボゲストとして関ジャニ∞から安田章大と村上信五が登場した。2人が着ている打首の「3連続ツアーファイナルだけ中止Tシャツ」にメンバーが驚くと、安田は「仲間になりたくて……」と笑顔を見せる。そして披露されたのは「日本の米は世界一」。安田と村上はアグレッシブなプレイで打首のパフォーマンスに溶け込み、会場を大いに沸かせた。

関ジャムスペシャルバンド (c)テレビ朝日ドリームフェスティバル2021 / 写真:岸田哲平

関ジャムスペシャルバンド (c)テレビ朝日ドリームフェスティバル2021 / 写真:岸田哲平[拡大]

2番手を務めたのは本間昭光(Key)、清塚信也(Piano)、今井マサキ(Vo)、ハマ・オカモト(B / OKAMOTO'S)、SATOKO(Dr / FUZZY CONTROL)、Rei(G)という豪華メンバーによる関ジャムスペシャルバンド。最初は清塚と本間による連弾から関ジャニ∞の「大阪ロマネスク」をインストで披露し、観客を魅了した。演奏を終えた本間は今回のステージのコンセプトを「せっかくこのメンバーが集まるなら“リアルタイム関ジャム”みたいなのができないかと。番組を観てるような気持ちで観てください」と語る。そして「今ミュージカルがキテる」「日本語を英語のように使うJ-POP」というテーマで、世界的なミュージカルの歴史と名曲の数々、歌詞が印象的なJ-POPについて本間と清塚が解説を繰り広げた。

このコーナーではゲストとして宮澤エマが登場し、ミュージカル「レ・ミゼラブル」より「夢やぶれて~オン・マイ・オウン~」を熱唱。さらに今井もジョン・レノンの「Imagine」を、このメンバーならではのグルーヴィなアレンジに乗せて歌った。最後は関ジャニ∞の5人もステージに登場し、村上は和気あいあいとトークを繰り広げた6人に「楽しそうにやってましたねえ(笑)」と呼びかける。そして11人で披露されたのは、序盤にインストで演奏された「大阪ロマネスク」。ロックテイストのアンサンブルに柔らかなピアノが彩りを添える、この日限りのアレンジが場内に響き渡った。

石崎ひゅーい (c)テレビ朝日ドリームフェスティバル2021 / 写真:岸田哲平

石崎ひゅーい (c)テレビ朝日ドリームフェスティバル2021 / 写真:岸田哲平[拡大]

続いて登場した石崎ひゅーいは「夜間飛行」と「ブラックスター」の熱い歌声で一気にオーディエンスを引き込んだ。温かい拍手を送るオーディエンスに、石崎は「『関ジャムFES』のお客さんは優しいですね」と笑顔を見せ、「次の曲、協力してもらってもいいですか?」と呼びかける。その後披露された「第三惑星交響曲」では壮大なサウンドに乗せ、観客が色とりどりのペンライトを振って楽曲の世界を彩った。石崎は美しい光の海を見渡し「12月からワンマンツアーがあるんですが、今日決めました、グッズでペンライト作ります! スタッフの皆さん作ってください(笑)」と宣言していた。

「僕らがやってることは皆さんがいないと成立しません。その心に本当に感謝しています」という言葉を表現するように「花瓶の花」を歌った石崎。その後バンドメンバーがステージを去り、1人残った彼は過去の「関ジャム」出演時の関ジャニ∞との交流を振り返りつつ、ゲストとして安田と丸山隆平を呼び込んだ。プライベートでも親交が深いという丸山に「いつもおごってもらっている」と明かした石崎に、丸山は「株上げてくれるねえ!」と満面の笑み。「あの日のカラオケのテンションで行きたいです」という石崎の言葉に続き、3人は「さよならエレジー」を息ぴったりに披露する。演奏を終えた3人はほっとした表情で肘タッチを交わし、ステージを去っていった。

s**t kingzのステージはshoji、kazuki、Oguri、NOPPOの華麗なソロパフォーマンスからスタート。そして4人は「FFP」をしなやかに舞い、そのハイクオリティなダンスで観客の目を釘付けにした。ここでshojiは「『ダンスってどうやって楽しめばいいのかな』という人もいるかもしれないので『関ジャム』風の説明を楽しんでもらえれば」と話す。そして4人は振り付けのフォーメーションのポイントをスクリーンで説明しつつ「FFP」を再び踊り、オーディエンスの理解を深めた。

「WINNING」で会場が一体となっての振り付けを楽しんだあとはoguriがs**t kingzの得意なパフォーマンスとして、とあるシチュエーションをダンスで表現する“シチュエーションダンス”を挙げる。この日はカフェを舞台にしたパフォーマンスを披露しようとする中、「もう2人ぐらいお客さん役がいるといいんですけど、誰かいないかな?」という言葉に続いて関ジャニ∞から大倉忠義と、ロングヘアで華麗に女装した村上が登場。6人はカフェの店員を板挟みにしたシチュエーションを披露した。演技を終えた大倉と村上に、s**t kingzから「今度はぜひガチのダンスを!」と声が上がると、村上は「そしたらヒールを新調しなきゃ。今日はPerfumeさんとのコラボのときより3cm低いから(笑)」と気合いを見せていた。

東京スカパラダイスオーケストラ (c)テレビ朝日ドリームフェスティバル2021 / 写真:岸田哲平

東京スカパラダイスオーケストラ (c)テレビ朝日ドリームフェスティバル2021 / 写真:岸田哲平[拡大]

ゲストアーティストの最後を飾る東京スカパラダイスオーケストラは「スキャラバン」のパワフルなビートに乗せて観客を踊らせ、「DOWN BEAT STOMP」でさらに場内のテンションを上げていく。谷中敦(Baritone Sax)は「2年前に(『関ジャムFES』に)出る予定だったけど台風で飛んで、去年はコロナで飛んで。今日ここに立てるのが夢のようです。今日は思いっきり音楽のシャワー浴びまくってくれよな!」と興奮した様子で語った。

茂木欣一(Dr)の「スカパラはテレビ朝日に大変お世話になっております!」という言葉に続いては、「仮面ライダーセイバー」のエンディングテーマを披露。続く「Paradise Has No Border」では関ジャニ∞の横山裕がトランペットを手に登場し、スカパラメンバーのセンターに立っておなじみのフレーズを奏でた。曲のエンディングでは残る丸山、安田、大倉、村上もステージに登場して横山のパフォーマンスを盛り上げるが、全員での演奏が終わったあとに横山が1人でサビのフレーズを吹く。「なんで今1人でやったの?」と村上に尋ねられた横山は「新太のおっちゃんがどうしても『1人でやれ』って……」と古田から強要された舞台裏を明かし、メンバーを笑わせた。

谷中敦(Baritone Sax / 東京スカパラダイスオーケストラ) (c)テレビ朝日ドリームフェスティバル2021 / 写真:岸田哲平

谷中敦(Baritone Sax / 東京スカパラダイスオーケストラ) (c)テレビ朝日ドリームフェスティバル2021 / 写真:岸田哲平[拡大]

関ジャニ∞とスカパラは2018年発売のベストアルバム「GR8EST」や「関ジャム」での共演などで深い絆がある間柄。谷中の「あの当時のみんなを見て歌詞を作った曲があるので、一緒に歌ってもらえたら」という言葉に続いては「メモリー・バンド」が披露される。総勢14人全員の思いが乗せられた熱い演奏と歌声に、観客は大きく手を振って応えていた。

大トリの関ジャニ∞のステージは「友よ」からスタート。赤い形違いのジャケットに身を包んだ5人は、この日共演したアーティストたちへの思いを表すように力強い歌を届けた。「みんな、心の中で声出すぞ!」という横山のあとは「ズッコケ男道」「キング オブ 男!」を熱唱し、さらに「ブリュレ」のダンスパフォーマンスを披露した。

関ジャニ∞は2019年11月に全国47都道府県ツアー「UPDATE」をスタートさせたもののコロナ禍により2020年2月で中断しており、この「関ジャムFES」が約1年7カ月ぶりの有観客ライブとなった。ひさびさのエイターとの再会に村上は「ようやく皆さんの顔を見る日が来ました」と感慨深げな表情を浮かべる。そんな村上に大倉が「まさか女装で現れるとは思わなかった」と声をかけると、村上は「なんでテレ朝チームは年に1回俺に女装させるのよ!(笑)」と不満を述べ、メンバーの笑いを誘った。

後半ではバンドスタイルでのステージを展開。「言ったじゃないか」に続いては「象」「NOROSHI」と力強いロックチューンを連投してエイターを熱狂させた。「LIFE~目の前の向こうへ~」を披露したのち、メンバーを代表して安田が「音楽を楽しむことを教えてくれたのは、背中を見せてくれた東京スカパラダイスオーケストラの皆さんでした。カッコいい先輩の背中を見ることでまた歩み出せます」と語る。その言葉の最中にステージ上にはスカパラのバンドセットが運び込まれ、メンバーも再びステージへ登場。最後に2組は「GR8EST」でも共演した「無責任ヒーロー」を華々しく披露し、「関ジャムFES」のフィナーレを飾った。

スカパラメンバーを見送ったあとは関ジャニ∞の5人が挨拶。村上はこの日の出演者やスタッフへ改めて感謝を述べ「1日も早く皆さんの声を聞ける日を願っています」と観客に語りかけた。安田は「ミュージシャンの方々が持つ力はすごいなと改めて思いました。たくさん力をもらいました」、横山は「いろんなファンの方が一丸となって1つのものを作り上げられました」とこの日を振り返る。丸山も「あっという間でした、明日からまた日常が始まりますけど」と夢見心地で語る。大倉は「生の音楽は最高だなと実感しました。これからも日本のエンタメは死にませんし、ジャニーズのエンタメも殺させません。盛り上げていきましょう!」と力強く語り、オーディエンスから熱い拍手を浴びていた。

今回の「テレビ朝日ドリームフェスティバル2021」の模様は11月にテレ朝チャンネル1にて放送される。詳しい放送日や内容など、詳細は後日発表予定。

この記事の画像(全31件)

「テレビ朝日ドリームフェスティバル2021『関ジャムFES』」2021年9月26日 幕張メッセ国際展示場1~3ホール セットリスト

打首獄門同好会

01. 新型コロナウイルスが憎い
02. 足の筋肉の衰えヤバイ
03. 筋肉マイフレンド
04. はたらきたくない
05. カンガルーはどこに行ったのか
06. シュフノミチ
07. きのこたけのこ戦争
08. 島国DNA
09. 日本の米は世界一

関ジャムスペシャルバンド

01. 大阪ロマネスク(インスト)
02. 夢やぶれて~オン・マイ・オウン~
03. Imagine
04. 大阪ロマネスク

石崎ひゅーい

01. 夜間飛行
02. ブラックスター
03. ピーナッツバター
04. 第三惑星交響曲
05. 花瓶の花
06. さよならエレジー

s**t kingz

01. FFP
02. FFP
03. Oh s**t!!
04. WINNING
05. パスタ
06. P.Y.T / Nathan Shrake
07. えがお!

東京スカパラダイスオーケストラ

01. スキャラバン
02. DOWN BEST STOMP
03. 9
04. 仮面ライダーセイバー
05. Paradise Has No Border
06. メモリー・バンド
07. Pride Of Lions

関ジャニ∞

01. 友よ
02. ズッコケ男道
03. キング オブ 男!
04. ブリュレ
05. オモイダマ
06. BANDブリッジ
07. NOROSHI
08. 言ったじゃないか
09. 象
10. LIFE~目の前の向こうへ~
11. 無責任ヒーロー

全文を表示

※記事初出時より一部表現を変更しました。

関連記事

関ジャニ∞のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 関ジャニ∞ / 打首獄門同好会 / 清塚信也 / OKAMOTO'S / FUZZY CONTROL / Rei / 石崎ひゅーい / s**t kingz / 東京スカパラダイスオーケストラ / 宮澤エマ の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。