音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

栗山千明、注目アニメ主題歌はベンジープロデュース

176

栗山千明が2011年1月26日にリリースするニューシングル「コールドフィンガーガール」の詳細が発表された。

前作「可能性ガール」では布袋寅泰のプロデュースを受け、大きな話題を集めた栗山千明。今回の「コールドフィンガーガール」は作詞作曲およびプロデュースを浅井健一が、アレンジをPONTIACSが担当している。もともと栗山がベンジーのファンだったことから「ぜひプロデュースしてほしい」とオファーし、ベンジーも快諾。彼はボーカルとしても参加しており、ベンジーならではのソリッドでクールなロックチューンが完成した。

「コールドフィンガーガール」は1月より放送される冨樫義博原作のアニメ「レベルE」のオープニングテーマ。昨日12月19日に幕張メッセで行われた「ジャンプフェスタ2011」の「レベルEステージ」には栗山がサプライズゲストとして出演し、アニメや新曲に関するトークを展開した。アニメファンとしても知られる栗山は「この会場に来られたことがとにかくうれしいです!」と大喜び。新曲について「『レベルE』の原作を読んで、この曲は絶対アニメに合うと思いました。『レベルE』の世界とともに曲のほうもぜひ楽しんでいただきたいです」と語り、原作ファンの期待を煽った。

シングルリリースに先駆け、1月10日からは着うた先行配信を実施。「レベルE」の放送も同日よりスタートするので、あわせてチェックしてみよう。

音楽ナタリーをフォロー