BiSHが「ゴジラ S.P」舞台挨拶に登場、「ゴジラの新境地であり、新解釈ですね」とアユニ・D語る

169

TOKYO MXほかで放送されるテレビアニメ「ゴジラ S.P <シンギュラポイント>」の完成披露上映イベントが本日3月19日に開催され、舞台挨拶にオープニングテーマを担当するBiSHが登場した。

「ゴジラ S.P <シンギュラポイント>」舞台挨拶の様子。

「ゴジラ S.P <シンギュラポイント>」舞台挨拶の様子。

大きなサイズで見る(全4件)

「ゴジラ S.P <シンギュラポイント>」舞台挨拶の様子。

「ゴジラ S.P <シンギュラポイント>」舞台挨拶の様子。[拡大]

「ゴジラ S.P <シンギュラポイント>」は4月1日(木)よりTOKYO MXほかで放送され、3月25日(木)よりNetflixにて日本先行で配信される「ゴジラ」シリーズの完全新作。舞台挨拶にはBiSHのほか、メインキャストの宮本侑芽(神野銘役)、石毛翔弥(有川ユン役)、久野美咲(ペロ2役)、釘宮理恵(ユング役)、高木渉(大滝吾郎役)、置鮎龍太郎(BB役)が参加し、アニメの出来映えや見どころなどについてトークを展開した。

「ゴジラ S.P <シンギュラポイント>」舞台挨拶の様子。

「ゴジラ S.P <シンギュラポイント>」舞台挨拶の様子。[拡大]

BiSHは声優陣によるトーク終了後に登場し、その場に残った石毛と宮本とともにトークセッションを行った。アイナ・ジ・エンドはオープニングテーマ「in case...」に込めた思いについて「歌詞の中にもあるように、立ち向かう勇気だったり、今欲しい言葉や聞きたい言葉が詰まっている歌です。BiSHは振り付けも自分たちで考えているんですけど、ゴジラの動きを入れようかななんて考えているところです」と話し、モモコグミカンパニーは「聴けば聴くほどクセになる曲でラップにも挑戦しています。ラップのカッコつけてる感じが映像と相まってすごくカッコよくなっています。ぜひNetflixとかで観るときはオープニングを飛ばさないほしいなと思いました」と新曲をアピール。セントチヒロ・チッチは「ゴジラファンの方が周りにもいて、ゴジラのオープニングテーマをやれると知って羨ましがられることがありました。BiSHは人間味のあるグループだと思うので、ゴジラという人間味のある作品に関われたことがうれしかったです」と喜んだ。

また「ゴジラ S.P <シンギュラポイント>」の内容についてアユニ・Dは、「ある意味ゴジラの新境地であり、新解釈だと感じましたね」と話し始め、「過去と今と未来に焦点を当てているところを観ていると、卵が先か、鶏が先か……これからの世界や人間の在り方について作品を通して感じるところがありました。今までのゴジラ作品へのリスペクトを込めたオマージュも多々あり、オリジナルキャラクターの魅力もたっぷり。昔からのゴジラファンの方々にも、今からゴジラを観る方にも世代を越えて愛される作品だと感じました」とゴジラへの深い理解がうかがえるコメントを披露。アユニはオープニングテーマを担当するにあたって過去のゴジラ作品を観て勉強したとのことだ。一方モモコはゴジラ作品に触れるのが初めてで、「自分とは違う世代の方が観ている印象があったんですが、若い方でも入りやすい作品だし、男女関係なく楽しめると思いました」と初めてのゴジラ体験にまつわる感想を語った。

先んじて完成したアニメを観たという石毛は「僕は全部(オープニングを)飛ばさずに観て、聴いてました。毎回『ゴジラ S.P』の本編を盛り上げてくれる曲だと思ってテンションが上がりました」とコメント。宮本はBiSHの楽曲について「いやーもうめちゃくちゃカッコいいです!」と興奮気味に話し、「エンディングテーマ(ポルカドットスティングレイの『青い』)も含めてバランスがすごく素敵だなと感じていまして、オープニングで『ゴジラ S.P』のカッコいい世界観に入って、エンディングではさわやかに観終われるようになっていて。どちらも本編と合わせて観ていただきたいです」と述べた。

「ゴジラ S.P <シンギュラポイント>」舞台挨拶の様子。

「ゴジラ S.P <シンギュラポイント>」舞台挨拶の様子。[拡大]

宮本はBiSHのライブDVDを持っていることを明かしてから「パフォーマンスの力、熱量が本当に素敵な方々だと思っていまして」とBiSHのメンバーに伝え、振り付けを手がけるアイナに、新曲のパフォーマンス面ではどういった部分にゴジラの要素を盛り込むのかを質問。アイナは「私はゴジラの息子ミニラがすごく好きで、ゴジラのしっぽにミニラが乗っているのが好きなんですよ。寒いときに凍えているミニラを助けるゴジラとか、そういう愛のあるミニラとゴジラの関係性が好きで、それをアユニとモモカン(モモコ)で表現したいなと(笑)」と答え、ライブでの披露への期待を煽った。またそれぞれの好きな怪獣について話がおよぶと、石毛と宮本はモスラが好きだという。チッチは「私もモスラが好きです! かわいいですし、『♪モスラーや』って曲が流行ってたんですよね。かわいい女性が2人で歌っているイメージもあって、ほかの怪獣とは違って美しい怪獣だなと思います」と石毛、宮本と好きな怪獣で意気投合した。ハシヤスメ・アツコは「かわいいなと思ったのは映画館で出てくるちびゴジラ(東宝のキャラクター)がすごくかわいくて好きです」、リンリンは「ゴジラ S.P <シンギュラポイント>」について「作中の絵の景色がものすごくきれいで現実味がありました。でもキャラクターの絵は日本アニメという感じだし、現実のようだけどアニメなんだなって。色使いもきれいで楽しかったです」と作画のよさに触れた。

チッチは最後に「長く続いてきたゴジラの歴史の中でまた新しく動き出す『ゴジラ S.P』の最強の制作陣の皆さんと、キャラクターのように個性豊かな声優陣の皆さんと関われることがBiSHはとてもうれしく思っています。抗えない未来を覆すという言葉があって、私たちもずっと抗えないものに立ち向かって活動してきました。先の未来がどうなるかわからないですけど、どんな世界であっても立ち向かっていこうという強い意志をこの作品にいただきました。作品を楽しみながら、BiSHの曲も一緒に楽しんでもらえたらと思います」とゴジラファンにメッセージを送った。

この記事の画像(全4件)

関連記事

BiSHのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 BiSH / 宮本侑芽 / 石毛翔弥 / 久野美咲 / 釘宮理恵 / 高木渉 / 置鮎龍太郎 の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。