さくらしめじ×ひらめ“きゅん”乱れ撃ちのスイートなバレンタインライブ!コラボに込めた思いも明かす

445

さくらしめじひらめが、2月14日に配信ライブ「#ひらめとしめじのチョコソース和え」を開催した。

さくらしめじとひらめ(中央)。

さくらしめじとひらめ(中央)。

大きなサイズで見る(全22件)

さくらしめじ「ストーリーズ(feat. ひらめ)」配信ジャケット

さくらしめじ「ストーリーズ(feat. ひらめ)」配信ジャケット[拡大]

さくらしめじは2月14日に、ひらめが楽曲提供した新曲「ストーリーズ(feat. ひらめ)」を配信リリース。一方のひらめは「ストーリーズ」のアンサーソング「恋のスタートボタン(feat. さくらしめじ)」を同日に配信した。TikTokを通じて配信されたこの日のライブは、お互いのリリースを記念して行われたもの。2組は新曲を初パフォーマンスしたほか、ファンからのリクエスト曲、さらにはお互いの楽曲のカバーなど、趣向を凝らした内容で視聴者を楽しませた。

配信ライブのスタート直前、音楽ナタリーの取材に応じたさくらしめじの2人とひらめは、今回のコラボレーションの経緯について語った。ひらめへのオファーのきっかけは、ひらめがTikTokでさくらしめじ「きみでした」をカバーしたことだと言い、田中雅功は「彪我と2人で『女の子目線の曲を歌ってみたいね』と考えていたところに、ひらめさんの動画を見つけて。猛アタックしました」と明かす。高田彪我は「SNS」をテーマにした曲を歌ってみたいという思いがあったそうで「絶対にひらめさんに書いてもらいたい!と思いました」と続いた。

さくらしめじとひらめ(中央)。

さくらしめじとひらめ(中央)。[拡大]

さくらしめじからのオファーについて、ひらめは「私は曲を作るのが好きで、自分の作った曲を誰かに歌ってほしいなという気持ちがあったので、うれしかったです」と当時の思いを振り返った。2組の初対面はZoomでの打ち合わせだったといい、ひらめは「2人ともすごく礼儀正しかったのが印象的で」と述懐。雅功は「緊張しちゃって、何を言ったらいいのか。もう支離滅裂でした(笑)」と照れ笑いを浮かべた。

ひらめ

ひらめ[拡大]

雅功と彪我からのリクエストを受けて制作した「ストーリーズ」について、ひらめは「最初に『あたしの恋のストーリー あなたは今日も素通り』というフレーズを思い付いて、これは絶対に入れたいなって。そこからいただいたテーマを考えつつ、ストーリー性のある曲にしていきました」とコメント。彪我は「僕らには思い付かないような女の子らしいフレーズを盛り込んでくださって。(Instagramの)ストーリーズと“物語”のストーリーがかかっているのも素敵だなあと思って」と曲の感想を興奮気味に語り、雅功は「僕らが女の子になりきって歌うのも違うかなと思って、最初は読み聞かせをしているようなイメージで歌おうとしたんです。だけど歌っているうちに自然と気持ちが入っちゃって、『だったら行くところまで行こう』と、がっつり思いを込めて歌いました(笑)」と実際に歌ってみての曲の印象をひらめに伝えていた。

さくらしめじ

さくらしめじ[拡大]

「TikTokをチョコとキュンで埋め尽くせー!」という彪我の叫びでスタートした配信ライブは、ひらめが可憐な声で歌う「君にチューしたい」でスタート。優しくギターを爪弾く彼女が2曲目にさくらしめじの「きみでした」をカバーすると、続けて雅功と彪我は「ひだりむね」、さらにはひらめの「既読無視」のカバーをエネルギッシュな演奏で披露した。

配信ライブの様子。

配信ライブの様子。[拡大]

4曲を終えてのMCでは、今回のコラボのいきさつを視聴者に伝えた3人。ここで「ストーリーズ」を1コーラス披露することになり、ひらめは「女の子目線の曲ですが、さくらしめじさんがかわいらしく歌ってくださっています」と曲を紹介する。彼女の言葉を受けて、雅功と彪我は柔らかな表情を浮かべながら「ストーリーズ」を丁寧に歌い上げた。

ポケットからきゅんを出す田中雅功と高田彪我。

ポケットからきゅんを出す田中雅功と高田彪我。[拡大]

続けて披露されたのは、「ストーリーズ」のアンサーソングとしてひらめが作った「恋のスタートボタン(feat. さくらしめじ)」。ライブ前の取材で、ひらめはこの曲について「女の子目線の曲しか書いたことがなかったので、新たな挑戦として男の子目線の曲を書いてみました」と語っていた。ひらめがこの曲を1コーラス歌い終えると、彪我は「『ストーリーズ』と一緒に聴いてほしいよね!」とコメント。彼の言葉に雅功もうなずきながら「2番にも展開があるので、ぜひ最後まで聴いてください」と視聴者に訴えかけた。

さくらしめじとひらめ(奥)。

さくらしめじとひらめ(奥)。[拡大]

ファンから募ったリクエスト曲を披露するコーナーでは、ひらめがマカロニえんぴつ「恋人ごっこ」、さくらしめじが国生さゆり「バレンタイン・キッス」と、この日ならではの選曲で視聴者を楽しませる。そして、最後に披露された「ポケットからきゅんです!」では、雅功と彪我がここぞとばかりに“きゅんです”ポーズや“しゅんです”ポーズを配信カメラに向けてアピール。ひらめの歌声をにぎやかに彩った。すると、曲を歌い終えたひらめから、手作りのバレンタインギフトがさくらしめじの2人に贈られるというサプライズも。目を丸くしながらギフトを受け取った雅功は「わー! 世の男子、見てるかー!」とひと言。喜びを爆発させたさくらしめじは、「これはホワイトデーも配信をやるしかないな!」と次回のコラボを望みつつ、スペシャルな配信ライブに幕を下ろした。

さくらしめじ×ひらめ「#ひらめとしめじのチョコソース和え」2021年2月14日 セットリスト

01. 君にチューしたい / ひらめ
02. きみでした / ひらめ
03. ひだりむね / さくらしめじ
04. 既読無視 / さくらしめじ
05. ストーリーズ(feat.ひらめ)
06. 恋のスタートボタン(feat.さくらしめじ)
07. 恋人ごっこ(マカロニえんぴつ) / ひらめ
08. バレンタイン・キッス(国生さゆり) / さくらしめじ
09. ポケットからきゅんです! / ひらめ&さくらしめじ

※高田彪我の高ははしごだかが正式表記。

この記事の画像(全22件)

関連記事

さくらしめじのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 さくらしめじ / ひらめ の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。