アイナ・ジ・エンド、香取慎吾主演ドラマ「アノニマス」にOPテーマを書き下ろし提供

1638

アイナ・ジ・エンド(BiSH)が1月25日(月)より放送スタートするテレビ東京系ドラマ「アノニマス~警視庁“指殺人”対策室」に書き下ろしのオープニングテーマ「誰誰誰」を提供した。

アイナ・ジ・エンド(BiSH)

アイナ・ジ・エンド(BiSH)

大きなサイズで見る(全2件)

「アノニマス~警視庁“指殺人”対策室」場面写真(c)「アノニマス」製作委員会

「アノニマス~警視庁“指殺人”対策室」場面写真(c)「アノニマス」製作委員会

大きなサイズで見る(全2件)

「アノニマス~警視庁“指殺人”対策室」は香取慎吾が主演を務めるサスペンスドラマ。インターネット上の誹謗中傷や炎上で命を落とす人々を救うべく、警視庁に新設された架空の部署「警視庁指殺人対策室」を舞台に、香取演じる主人公の刑事・万丞渉ら、出世コースから外れたクセ者のメンバーたちの活躍が描かれる。

「誰誰誰」はアイナが作詞作曲を手がけたナンバー。疾走感あふれるメロディとパワフルなボーカルが印象的な楽曲に仕上がっている。アイナはこの曲について「みんなが優しい気持ちになれる世界になりますように。もう誰も消えてしまいませんように。そんな今の葛藤を曲に落とし込んでみました」とコメントしている。

この記事の画像(全2件)

アイナ・ジ・エンド(BiSH)コメント

「アノニマス」のオープニングテーマ曲を書かせていただきました、アイナ・ジ・エンドです。

誰が送ってきたのか分からない言葉に一喜一憂する、そんな時代に私も生きていて、不感症になりたいと思う日もありました。
ただ、愛のない言葉を送っている人も実は現実世界で息が絶えそうに苦しく、フラストレーションを指先で発散するしかないのかもしれません。だから誰が悪いのかなんて私にはわかりません。

みんなが優しい気持ちになれる世界になりますように。
もう誰も消えてしまいませんように。
そんな今の葛藤を曲に落とし込んでみました。

「アノニマス」が始まるのを、私もとても楽しみにしています!
ドラマと一緒に曲も楽しんで頂けたら嬉しいです。

濱谷晃一プロデューサー コメント

ドラマ「アノニマス」は、顔も名前も分からない相手からの悪意と戦うお話。
オープニングテーマをお願いするときに「得体のしれない感じ」が出ると良いなとお伝えしました。
できあがった楽曲「誰誰誰」は、まさに得体のしれない言葉に苦しみ、葛藤し、その先を探している歌だと思いました。
アイナ・ジ・エンドさんの切迫した声や息遣い、そして激しいメロディラインから伝わる“衝動”は、主人公の万丞渉(香取慎吾)がうちに秘めた感情そのものだと思っています。

全文を表示

関連記事

BiSHのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 BiSH / 香取慎吾 の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。