「七つの大罪」新シリーズOPはポルノグラフィティ岡野昭仁、EDは澤野弘之×ReoNaが担当

1314

2021年1月6日(水)にテレビ東京系で放送開始するテレビアニメ「七つの大罪 憤怒の審判」のオープニングテーマを岡野昭仁(ポルノグラフィティ)、エンディングテーマを澤野弘之のボーカルプロジェクトSawanoHiroyuki[nZk]が担当することがわかった。

岡野昭仁(ポルノグラフィティ)

岡野昭仁(ポルノグラフィティ)

大きなサイズで見る(全5件)

ReoNa

ReoNa[拡大]

岡野によるオープニングテーマのタイトルは「光あれ」。作詞をn-bunaヨルシカ)、作編曲を本作の音楽も担当している澤野が手がけている。YouTubeではこの曲が使用されている「七つの大罪 憤怒の審判」のCM映像が公開された。一方SawanoHiroyuki[nZk]はエンディングテーマとして、ReoNaをゲストボーカルに迎えた新曲「time」を提供する。

澤野弘之

澤野弘之[拡大]

岡野はオープニングテーマについて、「n-buna君の歌詞で奥深さを、澤野君の曲で壮大に作品の世界観を表現した楽曲となっています。僕の声でより彩りと説得力を持たせることができたらと思い歌いました」とコメント。エンディングテーマについて澤野は「2014年から携わってきた『七つの大罪』、今回新たなTVシリーズのEDテーマをSawanoHiroyuki[nZk]として担当できる事を嬉しく思っています」、ReoNaは「澤野さんの紡ぐ音色に寄り添ったお歌を、作品と共に楽しんでいただけますように」とそれぞれ語っている。

この記事の画像・動画(全5件)

岡野昭仁(ポルノグラフィティ) コメント

n-buna君の歌詞で奥深さを、澤野君の曲で壮大に作品の世界観を表現した楽曲となっています。
僕の声でより彩りと説得力を持たせることができたらと思い歌いました。
作品と共にこの楽曲も愛して頂けると嬉しいです。

澤野弘之 コメント

2014年から携わってきた「七つの大罪」、今回新たなTVシリーズのEDテーマをSawanoHiroyuki[nZk]として担当できる事を嬉しく思っています。ボーカリストReoNaさんと初めてご一緒できる機会となり、彼女の歌声に終始引き込まれるレコーディング現場を体験できました。
また、今回は岡野さんが担当されるOPテーマの楽曲制作にも参加でき光栄に感じています。岡野さんの歌声が楽曲の世界観を広げエッジ立たせていくのを感じ、その力に改めて圧倒されました。
貴重な機会を頂けた事に感謝しています!
どちらの楽曲も「七つの大罪」の世界とともに楽しんで頂ければ幸いです。

ReoNa コメント

初めまして、ReoNaです。
「七つの大罪 憤怒の審判」エンディングテーマ「time」を、 劇中音楽を担当されている澤野弘之さんのプロジェクト“SawanoHiroyuki[nZk]”のゲストボーカルとして歌わせていただきます。
長く続く「七つの大罪」シリーズ、クライマックスへと駆け抜けていく物語の中でエンディングテーマ「time」が、その余韻に寄り添えますように。
澤野さんの紡ぐ音色に寄り添ったお歌を、作品と共に楽しんでいただけますように。

全文を表示

関連記事

ポルノグラフィティのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 ポルノグラフィティ / 澤野弘之 / n-buna / ヨルシカ / ReoNa の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。