ぜんぶ君のせいだ。中野サンプラザで患いたちと集大成的ライブを展開

471

ぜんぶ君のせいだ。が7月24日に東京・中野サンプラザホールにてワンマンライブ「ぜんぶ君のせいだ。単独公演~生鳴兆候(バイタルサイン)~」を開催した。

ぜんぶ君のせいだ。

ぜんぶ君のせいだ。

大きなサイズで見る(全35件)

ぜんぶ君のせいだ。

ぜんぶ君のせいだ。[拡大]

全国ツアー「未夢命TOUR 2020」が新型コロナウイルスの感染拡大の影響で中止となり、3月以降は観客を招いたライブ開催を控えてきた彼女たち。本公演は約5カ月ぶりに開催される有観客ライブで、当日はマスク着用の義務化や来場者の検温、オーディエンスの発声禁止、ソーシャルディスタンスを確保した座席間隔での着席など、感染防止策のガイドラインに則った状態で公演が行われた。

ぜんぶ君のせいだ。

ぜんぶ君のせいだ。[拡大]

客電が落ちるとスクリーンにオープニングムービーが流れ始め、ライブタイトルにある「バイタルサイン」を意味する心電図の映像が映し出される。心電図に合わせて心臓の鼓動のようなSEが流れると、ぜんぶ君のせいだ。とバンドメンバーが登場。メンバー5人が「ぜんぶ君のせいだー!」と叫ぶのを合図に演奏を始まり、彼女たちは「When you 2 WANT」で勢いよくライブをスタートさせた。5人は広いステージを駆け回りながらフルスロットルのパフォーマンスで「メスゲノムフェノメノン」「みすふぃっとらう"ぁーず」とライブの定番曲を連発。オーディエンスは着席しながらも各メンバーのイメージカラーが灯るペンライトを振り、彼女たちのライブを全力で楽しんでいた。

ぜんぶ君のせいだ。

ぜんぶ君のせいだ。[拡大]

5曲が披露された後、ステージ中央に整列したぜん君。は、ひと呼吸置いて「病みかわいいで世界征服! ぜんぶ君のせいだ。です」と自己紹介。お決まりの挨拶以外はMCを一切挟まず、すぐさま次の曲「無題合唱」のパフォーマンスに入る。5人は客席までの距離を少しでも埋めるようにステージの縁まで歩み寄り、小指を伸ばして会場に集まった患い(ぜんぶ君のせいだ。ファンの呼称)たちと指切りを交わそうとしていた。「独白園」では発声できないオーディエンスに向けて手を動かす振り付けを真似するように呼びかけ、会場内の一体感を高めていく。如月愛海は「一緒に遊ぼうぜ!」と叫び、普段のライブと変わらない熱量でコールを繰り返した。

左からましろ、如月愛海。

左からましろ、如月愛海。[拡大]

ひさびさのワンマンライブでありながらもブランクをまったく感じさせず、10曲以上休みなく歌い続ける彼女たち。ライブ後半には「僕喰賜君ノ全ヲ」「唯君論。」「ロマンスセクト」「Sophomore Sick Sacrifice」と歴代のシングル表題曲を網羅するかのようなセットリストで会場のボルテージをどんどん高めていった。本編最後にぜん君。が歌唱したのは、最新シングルの表題曲「ぜんぶ僕のせいだ。」。大人びたムードを持つこの曲をクールに歌い上げた彼女たちは最後にステージ中央に集まって手を取り合い、「ありがとうございました」と挨拶してステージをあとにした。

征之丞十五時

征之丞十五時[拡大]

ライブ本編が終了すると10分間の換気時間に入り、換気が終わる頃にはアンコールの代わりに患いたちの手拍子が上がり始める。再びステージに登場したぜん君。は“宣誓”と共に「やみかわぐんぐんか」「わがまま新生Hominina」を歌唱。5人でのパフォーマンスがひと段落すると、その後は各メンバーのソロ曲が披露された。トップバッターを飾った征之丞十五時は、堂々とした立ち居振る舞いで自身のソロ曲「Lil' Shine Bright Three oclock」を歌唱。凪あけぼのは弾けるような笑顔と共にロックナンバー「秘夜サブリミナル」を届けた。凛とした表情でステージに立った一十三四は、シャウトを交えながら「Coquetry Biting」を力強く歌い上げる。ましろはシアトリカルな振り付けと語りかけるような歌声でミドルテンポのナンバー「C"A"RTAIN CALL」を熱演。ステージの照明が赤く染まると最後に如月が1人ステージに現れ、客席の患いをまっすぐ見つめながら「ルーズリーフ」をパフォーマンスした。

ぜんぶ君のせいだ。

ぜんぶ君のせいだ。[拡大]

ソロコーナーを終えるとライブは最終盤へ。この日のラストナンバー「革鳴前夜」を歌い終え、再びオーディエンスに感謝を述べた5人がステージを去ると、スクリーンには再びバイタルサインを表すムービーが映し出される。心電図の波形が次第に小さくなり、心肺停止を伝える「ピー」という電子音が会場内に響き渡ったところでライブの終わりを告げる場内アナウンスが流れ、この日の公演は幕を閉じた。

この記事の画像(全35件)

ぜんぶ君のせいだ。「ぜんぶ君のせいだ。単独公演~生鳴兆候~」2020年7月24日 セットリスト

01. When you 2 WANT
02. メスゲノムフェノメノン
03. みすふぃっとらう"ぁーず
04. AntiIyours
05. オルタナティブメランコリー
06. 無題合唱
07. キミ君シンドロームX
08. ねがねおじぇらすめろかおす
09. 独白園
10. Cult Scream
11. WORLD END CRISIS
12. せきららららいおっと
13. 僕喰賜君ノ全ヲ
14. 唯君論。(ZKS EDIT)
15. ロマンスセクト
16. Sophomore Sick Sacrifice
17. ぜんぶ僕のせいだ。
<アンコール>
18. やみかわぐんぐんか
19. わがまま新生Hominina
20. Lil' Shine Bright Three oclock(征之丞十五時)
21. 秘夜サブリミナル(凪あけぼの)
22. Coquetry Biting(一十三四)
23. C"A"RTAIN CALL(ましろ)
24. ルーズリーフ(如月愛海)
25. 世界にたった一人ちっぽけな君を
26. 革鳴前夜

全文を表示

関連記事

ぜんぶ君のせいだ。のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 ぜんぶ君のせいだ。 の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。