Aqours小宮有紗が「13月の女の子」で映画初主演、共演にTEAM SHACHI秋本帆華と萩原みのり

576

Aqours小宮有紗が主演を務め、TEAM SHACHI秋本帆華が出演する映画「13月の女の子」が、8月15日に東京・池袋シネマ・ロサで公開される。

映画「13月の女の子」ビジュアル

映画「13月の女の子」ビジュアル

大きなサイズで見る(全4件)

「13月の女の子」は、2017年と2019年に上演され好評を博した舞台を原案とした映画。引っ込み思案の女子高生・穴森一穂を小宮が、穴森と親友になるも心臓病のため物語の途中で亡くなってしまう唐木田巫女を秋本が演じる。また、巫女の死と同時に現れる謎の転校生・浮間莉音には萩原みのりが扮する。監督は映画「名前」「ねこにみかん」でメガホンを取った戸田彬弘が務め、脚本は舞台版も担当した角畑良幸フロアトポロジー)が手がける。

映画初主演となる小宮は「一穂たちの切なく甘い人間模様をしっかりと表現できる様に撮影に臨みました。少数精鋭のスタッフさん方と素敵なキャストの皆さんと一緒に心を込めて作った作品なのでぜひ楽しみにしていてください!」と意気込みを明かしている。

小宮有紗 コメント

穴森一穂役を演じます、小宮有紗です。今回初主演をつとめさせていただけてとても嬉しく思います。一穂たちの切なく甘い人間模様をしっかりと表現できる様に撮影に臨みました。少数精鋭のスタッフさん方と素敵なキャストの皆さんと一緒に心を込めて作った作品なのでぜひ楽しみにしていてください!

この記事の画像(全4件)

関連記事

小宮有紗のほかの記事

リンク