SHISHAMO、初の無観客ライブで「SHISHAMO 6」の世界を日本中に配信

584

SHISHAMOが本日6月28日に神奈川・カルッツかわさきで初の無観客ライブ「SHISHAMO ワンマンツアー2020春『今だけは天使みたいに大事にしてね』振替オンラインライブ!!!」を行い、その模様をStreaming+で生配信した。

「SHISHAMO ワンマンツアー2020春『今だけは天使みたいに大事にしてね』振替オンラインライブ!!!」の様子。(撮影:河上良)

「SHISHAMO ワンマンツアー2020春『今だけは天使みたいに大事にしてね』振替オンラインライブ!!!」の様子。(撮影:河上良)

大きなサイズで見る(全13件)

ベッドに腰掛けて歌う宮崎朝子。(撮影:河上良)

ベッドに腰掛けて歌う宮崎朝子。(撮影:河上良)

本公演は3月から5月にかけて開催予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大防止のために中止となったホールツアーの振替公演として行われたもの。舞台となったカルッツかわさきは、SHISHAMO結成の地・神奈川県川崎市に位置し、3月6日にこのツアーの初日公演が行われるはずだった会場だ。実際のライブのように注意事項を読み上げるアナウンスがあったあと、画面がイラストから会場の様子へと切り替わると、そこにはベッドサイドの明かりを灯す宮崎朝子(G, Vo)の姿が。宮崎はベッドに腰掛け、公演タイトルの一部にタイトルを引用した楽曲「今だけは」の弾き語りでライブをスタートさせた。

宮崎朝子(G, Vo)(撮影:河上良)

宮崎朝子(G, Vo)(撮影:河上良)

宮崎はギターを置いてベッドから立ち上がるとライトの電気を消し、ライブ告知ビジュアルにも描かれた東京タワーの見える部屋を模したセットの中へと移動。松岡彩(B)、吉川美冴貴(Dr)と合流し今泉佑唯主演の短編映画「またね」とコラボした「またね」、失恋した夜の思いを詰め込んだ「真夜中、リビング、電気を消して。」を2曲連続でパワフルに鳴らした。

松岡彩(B)(撮影:河上良)

松岡彩(B)(撮影:河上良)

カメラを探すなど慣れない配信ライブに手探りの様子のSHISHAMO。松岡が「緊張しちゃうなあ」とこぼすとほかの2人もそれに賛同したが、続く「天使みたい」では、窓から光が差し込みシャボン玉が舞う中で伸び伸びと演奏を披露し、まるで“天使みたい”な3人のかわいらしいコーラスワークで視聴者を魅了した。軽快なモータウンビートにすれ違う2人の思いを乗せた「すれちがいのデート」が始まると、舞台は部屋の外へ。3人は東京タワーとビル群が立ち並ぶ空間でTBS系情報番組「王様のブランチ」のために書き下ろした「ハネノバシ」や「カルピスウォーター」のCMソング「水色の日々」など爽快感あふれる楽曲を披露した。

「SHISHAMO ワンマンツアー2020春『今だけは天使みたいに大事にしてね』振替オンラインライブ!!!」の様子。(撮影:河上良)

「SHISHAMO ワンマンツアー2020春『今だけは天使みたいに大事にしてね』振替オンラインライブ!!!」の様子。(撮影:河上良)

宮崎は自信作である「SHISHAMO 6」を引っさげたこのツアーのためにアルバムジャケットに登場する東京タワーを取り入れたセットや天使をイメージした衣装を用意したことを明かす。そしてなんとかして全国のファンに届けたいという思いから今回の配信ライブ開催に踏み切ったと話し、「本当にうれしい!」とこの日を迎えた喜びを爆発させた。

吉川美冴貴(Dr)(撮影:河上良)

吉川美冴貴(Dr)(撮影:河上良)

夜の部屋をイメージしたセットの中では「忘れてやるもんか」や「君の大事にしてるもの」といった怒りの感情を込めた楽曲を、忙しない展開やそれぞれの手腕を発揮した演奏で表現。三位一体となり迫力あるパフォーマンスで視聴者を魅了してみせた。MCでは自粛期間に入る前からジム通いをしていた吉川が“デッドリフト”というトレーニング種目を激推しし、“コロナ太り”したという松岡と宮崎をジムに誘う一幕も。3人が普段のライブと同じような他愛のないトークを繰り広げている間に舞台は夜の外の光景にセットチェンジし、彼女たちはきらめく夜景の中で甘いムードがただよう「キスをちょうだい」を届けた。

ライブ定番曲「きっとあの漫画のせい」や、まくしたてるような歌詞が新鮮な「ひっちゃかめっちゃか」、もう1つの「カルピスウォーター」CMソング「ねぇ、」、NHK全国学校音楽コンクール中学校の部の課題曲「君の隣にいたいから」と新旧織り交ぜた楽曲を届けライブはいよいよ終盤戦へ。宮崎は「生で観るのとはまた違ったと思うんですけど、少しでも『SHISHAMO 6』の世界を楽しんでいただけたならうれしいです。今日は本当に私たちも楽しかったです」と視聴者へメッセージを送り、「曇り夜空は雨の予報」をアカペラで歌い始める。この曲の演奏をもって本編は終了となった。

宮崎朝子(G, Vo)(撮影:河上良)

宮崎朝子(G, Vo)(撮影:河上良)

Twitterでハッシュタグ「#SHISHAMO」と共に「アンコール」の文字が次々と書き込まれ、それを受けてSHISHAMOは再びステージへ。ツアーグッズを身に着けた3人が「明日も」を披露すると、通常ライブと同じようにカメラは宮崎越しに客席を映し出し、がらんとした会場の様子が視聴者に届けられた。アンコールパートのMCではそれぞれ今日のライブについてコメント。松岡は「自粛期間中は1人暮らしだから誰にも会う機会がなくて、本当に日々の大切さを感じました。当たり前だった3人の練習もお休みしていて、一緒にやりたい気持ちが強くなったし、『SHISHAMO 6』の曲を皆さんにライブで届ける機会を作ることができてうれしかったです」、吉川は「2カ月半くらい3人で音を合わせてなかったし、私は2人と演奏したいとずっと思っていて。今日を迎えてバンドをやっててライブをやれて本当によかった。幸せだなと思いました。今は画面越しですけど、また会場で生身の姿で会えたらと思います」と3人で音を重ねた喜びを語る。宮崎も「ライブ会場でできたらよかったのかも知れないんですけど、ツアーに行けない予定だった人が観れたりいいこともあったんじゃないかと思います。客席にいるはずのお客さんがいなくて不安な気持ちになるかとも思ったんですが、姿形がここにいないだけで画面の向こうでみんなが観てくれていると理解してたらすごくリラックスしていつもと変わらない気分で、みんなと作っていると感じられるライブができました」と初の無観客配信ライブに手応えを感じた様子だった。

「妄想サマー」「明日はない」と5月に配信したばかりの新曲2曲を届け、ラストはもちろん「恋する」。客席に向け金テープが発射され、3人は笑顔で演奏を繰り広げた。演目を終えた3人は手をつないでお辞儀し達成感に満ちた表情で退場。会場では7月5日23:59まで映像をアーカイブ視聴できることやグッズ販売についてアナウンスが流れ、配信画面には「みんな今日は観てくれてありがとう!!! 今度はライブ会場で会おうね」というSHISHAMOからのメッセージと写真が映し出された。

この記事の画像(全13件)

「SHISHAMO ワンマンツアー2020春『今だけは天使みたいに大事にしてね』振替オンラインライブ!!!」2020年6月28日 セットリスト

01. 今だけは
02. またね
03. 真夜中、リビング、電気を消して。
04. 天使みたい
05. すれちがいのデート
06. フェイバリットボーイ
07. ハネノバシ
08. 水色の日々
09. 二酸化炭素
10. 忘れてやるもんか
11. 君の大事にしてるもの
12. キスをちょうだい
13. きっとあの漫画のせい
14. ひっちゃかめっちゃか
15. ねぇ、
16. 君の隣にいたいから
17. 曇り夜空は雨の予報
<アンコール>
18. 明日も
19. 妄想サマー
20. 明日はない
21. 恋する

SHISHAMOのほかの記事

リンク