ROVOが7月に150人限定の野外ライブ開催、森の中から全国へ生中継も

161

ROVOが7月11日に東京・西多摩のキャンプ場、深澤溪・自然人村内のライブ会場「多摩あきがわ ライブフォレスト」で野外ライブ「ROVO LIVE FOREST 2020」を開催する。

「ROVO LIVE FOREST 2020」ビジュアル

「ROVO LIVE FOREST 2020」ビジュアル

大きなサイズで見る

「ROVO LIVE FOREST」はROVOがアウトドアフェス「Natural High!」や「ハイライフ八ヶ岳」を主催するアースガーデンとタッグを組んで行う野外ライブ。来場者は150人限定で、入場チケットは本日6月25日18:00にアースガーデンのオンラインショップで発売される。またライブの模様は有料生配信されることも決定しており、視聴チケットはZAIKOにて販売中。

鈴木幸一(アースガーデン代表)コメント

今このコロナ禍の中で、屋外フェスや野外イベントにこそ、コロナと共生する新しい人の集い方、音楽の楽しみ方があると考え、模索を続けてきました。そんな中で、隣街に暮らすROVO主宰の勝井さんと御一緒しながら、進めてきたのが準常設のライブ会場「多摩あきがわライブフォレスト」です。この新しい音楽の森の大きな一歩となるROVOとの企画です。

まだまだ集まれる人の数には限りがありますが、都心の密集を離れ、美しい森の中で、気持ち良く集まり、音楽を楽しめる場を広げていきます。どうぞよろしくお願いいたします。

ROVO LIVE FOREST 2020

2020年7月11日(土)東京都 深澤渓 自然人村内 多摩あきがわ ライブフォレスト
OPEN 17:00 / START 18:00 / END 20:00(予定)

ROVOのほかの記事

リンク