水カン・コムアイ、町田洋原作アニメの声と歌を担当

128

マンガ家・町田洋による描き下ろしエッセイ作品「船場センタービルの漫画」を原作とした短編アニメーション「忘れたフリをして」の声と歌を、コムアイ(水曜日のカンパネラ)が担当する。

「忘れたフリをして」キービジュアル

「忘れたフリをして」キービジュアル

大きなサイズで見る(全4件)

町田洋「船場センタービルの漫画」より

町田洋「船場センタービルの漫画」より[拡大]

「船場センタービルの漫画」は、大阪の商業施設・船場センタービルの50周年記念企画の作品として描かれたもの。町田初のエッセイ作品でもあり、突然のうつ病発症から回復までの様子や、船場センタービルを訪れた数日間の出来事などがつづられている。「忘れたフリをして」は、このエッセイをもとに大川原亮が監督を、CEKAIが制作を手がけた短編アニメ。YouTubeでは予告編の動画が公開されており、コムアイが歌う楽曲の一部を聴くことができる。

エッセイ作品「船場センタービルの漫画」はトーチwebで、短編アニメ「忘れたフリをして」の本編は船場センタービル50周年記念特設サイトにて、それぞれ6月30日に公開される。

この記事の画像・動画(全4件)

水曜日のカンパネラのほかの記事

リンク