伊東歌詞太郎が半生つづった初エッセイ刊行、イメージソングを新シングルに収録

448

伊東歌詞太郎が自身の半生を記したエッセイ「僕たちに似合う世界」が7月22日に刊行される。

伊東歌詞太郎「僕たちに似合う世界」表紙画像

伊東歌詞太郎「僕たちに似合う世界」表紙画像

大きなサイズで見る(全2件)

2018年5月に処女小説「家庭教室」を発表した伊東。初となるエッセイにはいじめの経験や突然の一家離散、彼を救った音楽、ファンへの気持ちについてつづられている。本作の発売に際して伊東は「変な言い方ですが、僕にとっても、すごく興味深い内容になりました。読んでいただけたら嬉しいです!」とコメントしている。

また伊東は7月29日にテレビアニメ「デカダンス」のエンディングテーマを表題曲としたニューシングル「記憶の箱舟」をリリース。シングルにはカップリングとして、エッセイをイメージして制作された新曲「僕たちに似合う世界」も収録される。

この記事の画像(全2件)

伊東歌詞太郎 コメント

小説に続きまさかの随筆も刊行させていただくことになりました! ここまで生きた時間を振り返ってみたのは、生まれて初めてでした。変な言い方ですが、僕にとっても、すごく興味深い内容になりました。読んでいただけたら嬉しいです!

伊東歌詞太郎「記憶の箱舟」収録曲

01. 記憶の箱舟
02. 僕たちに似合う世界
03. タイトル未定
04. 記憶の箱舟 insturmental

関連記事

伊東歌詞太郎のほかの記事

リンク

関連商品