amazarashi武道館ライブ「新言語秩序」新曲弾き語り映像を追加し無料公開

2397

amazarashiが2018年11月に東京・日本武道館で開催したワンマンライブ「朗読演奏実験空間“新言語秩序”」の映像が、6月9日20:00よりYouTubeにて期間限定で公開される。

amazarashi

amazarashi

大きなサイズで見る(全9件)

「朗読演奏実験空間“新言語秩序”」はamazarashiの楽曲群、言葉が“検閲”される世界を描いた秋田ひろむ(Vo, G)の書き下ろし小説「新言語秩序」、さらに照明や映像が混ざり合ったamazarashiの新たなライブ表現で、今年3月には第23回文化庁メディア芸術祭エンターテイメント部門の優秀賞を受賞した。今回の配信ではスマートフォンを使った舞台演出を再現すべく、ライブで観客が使用したアプリ「新言語秩序」をアップデート。当日のライブに参加できなかった人も小説「新言語秩序」、武道館のライブ写真、ミュージックビデオなどすべてのコンテンツが楽しめる。

ライブ映像の配信後には、この企画のための書き下ろし楽曲「令和二年」を含む3曲を秋田が自宅で弾き語る映像が特別配信される。秋田は配信に際し「この作品を通して、心の中に自問自答や葛藤のようなものが芽生えてくれたら、それが巡り巡ってどこかの誰かの希望になりえるのではないかと、そうであってほしいと願っています」とコメントしている。

また今回の配信企画のためにYKBXが描き下ろしたイラストなどをデザインしたオリジナルグッズの通信販売が、6月4日18:00より数量限定で行われる。グッズの一部は国立国際医療研究センターに寄付される。

この記事の画像(全9件)

秋田ひろむ コメント

「新言語秩序」は、一般市民同士の相互監視によって言葉が奪われた社会を描いています。
このテーマが時を経て、より深刻に感じられてしまう今の社会のムードが悲しいです。
amazarashiは希望を歌ってきましたが、それは人間の良心に依拠した僕の幻想にすぎません。現実は僕の想像よりずっと無情だったように思います。
この作品を通して、心の中に自問自答や葛藤のようなものが芽生えてくれたら、それが巡り巡ってどこかの誰かの希望になりえるのではないかと、そうであってほしいと願っています。

全文を表示

関連する特集・インタビュー

関連記事

amazarashiのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 amazarashi の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。