下北沢MOSAiCクラファン開始、目標金額上回った場合は“リベンジフェス”開催資金に

113

東京都のライブハウス下北沢MOSAiCが、営業活動支援金を募るクラウドファンディングプロジェクト「MOSAiC 本気になる。~一緒に未来を先取ろう!リベンジフェスに向かって~」をCAMPFIREでスタートさせた。

下北沢MOSAiC「MOSAiC 本気になる。~一緒に未来を先取ろう!リベンジフェスに向かって~」キービジュアル

下北沢MOSAiC「MOSAiC 本気になる。~一緒に未来を先取ろう!リベンジフェスに向かって~」キービジュアル

大きなサイズで見る(全2件)

下北沢MOSAiC「MOSAiC 本気になる。~一緒に未来を先取ろう!リベンジフェスに向かって~」告知用ビジュアル

下北沢MOSAiC「MOSAiC 本気になる。~一緒に未来を先取ろう!リベンジフェスに向かって~」告知用ビジュアル[拡大]

下北沢MOSAiCは新型コロナウイルス感染拡大に伴う政府からの休業要請を受けて、3月末より営業を自粛中。4月に行われる予定だった同店主催のサーキットイベント「KNOCKOUT FES 2020 spring」も中止となった。

クラウドファンディングプロジェクトでは目標金額を600万円に設定し、自粛期間中の店舗維持に必要な経費や営業再開後の運営費などを募集。目標金額を大きく上回った場合は、“リベンジフェス”開催に向けての資金に充てられる。支援者にはリターンとして、2021年4月から6月にかけて実施予定のライブイベントの特典付きチケットやアーティストによる弾き語り動画、支援者の名前入りステッカーなどが用意されている。

なおCAMPFIREのプロジェクトページには、菊池遼(the quiet room)やハットリクミコ(シナリオアート)、さめざめなど多数のアーティストの応援コメントが掲載されている。

この記事の画像(全2件)

the quiet roomのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 the quiet room / シナリオアート の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。