営業自粛の大阪Shangri-Laが存続求めて「SAVE THE SHANGRILA」プロジェクト始動

935

大阪のライブハウス・Shangri-Laが運営支援金を募るクラウドファンディング企画「SAVE THE SHANGRILA」をスタートさせた。

「SAVE THE SHANGRILA」メインビジュアル

「SAVE THE SHANGRILA」メインビジュアル

大きなサイズで見る(全4件)

「SAVE THE SHANGRILA」Tシャツ

「SAVE THE SHANGRILA」Tシャツ[拡大]

新型コロナウイルス感染拡大の影響で2月末から営業を自粛しているShangri-La。総支配人のキイリョウタは「先の見えない自粛・延期・中止のため存続が危ぶまれてます」と訴えており、LD&Kが運営するクラウドファンディングシステム「wefan」が発表した「"we fan" presents #オンガクノチカラ プロジェクト」の一環として運営資金、人件費などを募る支援企画を実施している。支援者へのリターンとして本企画の限定ロゴデザインTシャツ、トートバッグ、Shangri-Laの運営再開後に使用できるドリンクチケットなどが用意されている。

この記事の画像(全4件)

リンク