Ovall、Kan Sanoらがライブ自粛アーティストに向け音源を無償提供

307

origami PRODUCTIONSが、所属アーティストmabanua、Shingo Suzuki、関口シンゴ、Kan SanoMichael Kaneko、Hiro-a-keyによる著作権フリーの音源を無償提供するプロジェクト「origami Home Sessions」を立ち上げた。

左上から時計回りにKan Sano、Michael Kaneko、Hiro-a-key、関口シンゴ、mabanua、Shingo Suzuki。

左上から時計回りにKan Sano、Michael Kaneko、Hiro-a-key、関口シンゴ、mabanua、Shingo Suzuki。

大きなサイズで見る(全1件)

これは新型コロナウイルス感染拡大の影響でライブが開催できず、当面の収益が見込めないアーティストに向けた救済企画として実施されるもの。Web上で提供されたトラックデータは自由に使用でき、制作した楽曲は提供アーティストとのコラボレーション作品としてネットへのアップやリリースなども可能で、販売収益も全額提供される。また音楽ファンはオリジナル音源を試聴して楽しむこともできる。

音源のダウンロードおよび使用の際のガイドラインはorigami PRODUCTIONSのオフィシャルサイトにて確認を。

リンク

関連記事

関連商品