音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

恒例ジョン・レノンライブに民生、スカパラ、Coccoら参加

71

ジョン・レノンを敬愛するアーティストが集い、世界の恵まれない子どもたちに学校を贈る恒例のチャリティコンサート「Dream Power ジョン・レノン スーパー・ライヴ」が、今年もジョンの命日にあたる12月8日に日本武道館で開催。この出演アーティスト第1弾が発表された。

イベントの提唱者であるオノ・ヨーコの呼びかけで集まったのは、奥田民生曽我部恵一東京スカパラダイスオーケストラ、堂珍嘉邦(CHEMISTRY)、BONNIE PINK吉井和哉LOVE PSYCHEDELICO、箭内道彦プロジェクト、Cocco、吉永小百合、鈴木京香の11組。なお、CoccoはライブアクトではなくMCを務めることが決定しているほか、吉永小百合はナレーションを担当、鈴木京香はジョンの詞を朗読する。

チケットの先行発売は、オフィシャルサイトにて9月14日13:00からスタート。またイベントのオフィシャルTwitterアカウントでは、随時最新情報がアップされるのでフォローしておこう。

「ジョン・レノン音楽祭2010 Dream Power ジョン・レノン スーパー・ライヴ」出演者コメント

■オノ・ヨーコ
夢は世界を動かす大きな力、夢の力を信じて、12月8日に日本武道館でお会いしましょう!

■奥田民生
あっというまの10年でした。楽しんでやります。

■曽我部恵一
ひさびさのジョン・レノン音楽祭。今回もジョンが歌ってきたことをもういちど思い出しつつ、ジョンの歌を刻みたい。

■茂木欣一(東京スカパラダイスオーケストラ)
ラジオから流れてきた「スターティング・オーバー」でジョン・レノンの存在を知ってから30年という歳月。その間ずっと音楽に夢中であり続け、そして今回このイベントに出演できることになり、本当に嬉しく思っています。その30年前、当時よく読んでいた音楽雑誌にヨーコさんのサインが載っていて、そこには「夢を持とう!」と書かれてあったのを憶えています。非常に印象に残っていたのですが、自分が歳を重ねることによって「夢」の意味合いの大切さを強く感じています。当日は、そんな気分を音に託して届けることが出来れば。楽しみにしています。

■堂珍嘉邦(CHEMISTRY)
ジョン・レノンがこの世にいなければ、自分はシンガーとしてこの世に生まれてなかったと思います。そして青春時代から、これから続いて行く音楽人生もずっとジョンレノンへの憧れはかわりません。このイベントに参加させていただく事はきっと自分にとって大きな節目になると思います。

■BONNIE PINK
今年も参加できることを、とても嬉しく思います。誰がどの曲を歌うのか、どんな人が歌詞の朗読をするのか、私自身も楽しみにしつつ、当日は思いっきり楽しみたいと思います。きっとジョンも楽しみにしてるはず!

■吉井和哉
10周年ですか。早いです。僕がソロになったと同時に始まったスーパーライブ。公私ともに、個人的に色々なことがありましたが、その都度タイムリーにジョンの曲に沢山の人生のヒントをいただきました。今酔っぱらっているので正直に自分の気持ちを書きますが、ジョンの曲は落ちるところまで落ちるほど、響きました。僕はジョン・レノンの仲間がいい。

■Cocco
一人一人がよく考えてみんなで一緒にがんばろう。

■鈴木京香
このチャリティ・コンサートに参加できて嬉しいです。

ジョン・レノン音楽祭2010 Dream Power ジョン・レノン スーパー・ライヴ

2010年12月8日(水)東京都 日本武道館
OPEN 18:00 / START 19:00
<出演者>
オノ・ヨーコ / 奥田民生 / 曽我部恵一 / 東京スカパラダイスオーケストラ / 堂珍嘉邦(CHEMISTRY) / BONNIE PINK / 吉井和哉 / LOVE PSYCHEDELICO / 箭内道彦プロジェクト / Cocco(MC) / 吉永小百合(ナレーション) / 鈴木京香(詞の朗読) / and more

音楽ナタリーをフォロー