元ベイビーレイズJAPANの渡邊璃生、小説家として初の短編集を刊行

227

ベイビーレイズJAPANの渡邊璃生が、小説家としての初の短編集「愛の言い換え」を4月30日にKADOKAWAより刊行する。

渡邊璃生

渡邊璃生

大きなサイズで見る(全2件)

「愛の言い換え」には、アイドル時代に執筆した作品に手を加えた3編「ゆうしくんと先生」「ぐちゃぐちゃなんだよ」「規格青年」と、新作3編「愛の言い換え」「ダイバー」「蹲踞あ」を収録。渡邊は本作を「作品のテーマはやはり愛でしょうか。といってもかなり限定的ですが。伝えたいことは執筆中あまり考えたことがないのですが、強いて言うなら読者の方に後味の悪さやモヤモヤを感じて頂ければと思います」とアピールし、今後について「プライベートでも執筆の経験がないので難しいとは思いますが、長編小説に挑戦してみたいです!」と語っている。

この記事の画像(全2件)

関連記事

ベイビーレイズJAPANのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 ベイビーレイズJAPAN の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。