音楽ナタリー - 新曲リリース・ライブ情報などの音楽ニュースを毎日配信

majiko、加藤マニ監督のMVでネゴシエーターに

314

majiko「エスカルゴ」MVのワンシーン。

majiko「エスカルゴ」MVのワンシーン。

majikoの新曲「エスカルゴ」のミュージックビデオがYouTubeにて公開された。

「エスカルゴ」は、majikoが3月4日にリリースする新作音源「MAJIGEN」に収録されるナンバー。MVではmajikoがネゴシエーター役を演じており、この配役について監督を務めた加藤マニは「majikoさんとのお仕事は初めてだったのですが、今までのヘアスタイルと大きく異なるアー写同様、既存イメージと違うビデオへの挑戦がテーマだったように感じたので“ファニーかつカッコいい”ものに舵取りしました」とコメントしている。

加藤マニ コメント

“誰しも殻をぶっ壊してえんだろうな”という歌詞に“だから殻から出ておいでよ”というメッセージを感じつつ、転じて籠城犯とのネゴシエーター(交渉人)役を演じていただきました。majikoさんとのお仕事は初めてだったのですが、今までのヘアスタイルと大きく異なるアー写同様、既存イメージと違うビデオへの挑戦がテーマだったように感じたので“ファニーかつカッコいい”ものに舵取りしました。とはいえ、それらは過去の否定ではなく、そうした“殻”もまた一生付き合っていく自分自身の一部であることも内包させたかったので、映像の中に少し仕掛けがしてあります。殻にこもることも、出ることも、洋服を選ぶようにカジュアルなものでいいんだと思っています。

majiko コメント

今回、エスカルゴのMVを加藤マニさんに撮って頂けて、とても嬉しかったです。
撮ってもらってる時の雰囲気も本当に楽しく、伸び伸びとした気持ちでたくさんのことに挑戦出来ました。
挑戦といえば、長年この髪型でやらせてもらってるのですが、モヒカンなるものにも挑戦させていただきました。
美容院で、中の金のインナーカラーを染める時に、いつも黒髪だけを上に上げて染めているのですが、その様を見て、いつもこんな髪型してみたいなぁと思っていたので、MVでも夢が叶えられて感無量です。本当にありがとうございます。

音楽ナタリーをフォロー