音楽ナタリー - 新曲リリース・ライブ情報などの音楽ニュースを毎日配信

変態紳士クラブ、バンド迎えて好きにやり続けたコーストワンマン「俺らはただの友達」

357

変態紳士クラブ「変態紳士舞踏会 -2222-」の様子。(Photo by Kenji.87)

変態紳士クラブ「変態紳士舞踏会 -2222-」の様子。(Photo by Kenji.87)

WILYWNKA、VIGORMAN、GeGの3人組ユニット・変態紳士クラブが、昨日2月2日に東京・新木場STUDIO COASTでワンマンライブ「変態紳士舞踏会 -2222-」を開催した。

昨年春に東名阪ツアー「変態紳士クラブ舞踏会TOUR 2019」を行ったあと、それぞれがソロアルバムをリリースし、ますます勢いを増している変態紳士クラブ。新木場STUDIO COASTは3人にとって過去最大規模の会場ながらチケットはソールドアウトとなり、10代から20代の若者を中心とするファンがフロアを埋め尽くした。

ライブは定刻である18:30ちょうどにスタート。SEに乗って現れたGeG(PC, Key)とバンドメンバーの井上惇志(Key / showmore)、KenT (Sax, Key / Soulflex)、RaB(Dr / Soulflex)、Funky D(B / Soulflex, Yard Vibes Band)、Tatzma the Joyful(G / Yard Vibes Band)、KKJ(G / Juicy Hip Apartment)が勢いよく演奏を開始すると、ステージが赤く染まり、歓声を浴びながらWILYWNKAとVIGORMANが飛び出してくる。ロック色の強い新曲「Do It」で観客のボルテージを一気に引き上げた変態紳士クラブは「Everyday」「CIROC」を連発。迫力あるバンドサウンドに乗ってWILYWNKAとVIGORMANはステージを右へ左へと走り回る。会場が熱気で満たされる中、VIGORMANが「みんなのおかげでまるで夏です。この人の波を本物の波のようにしますか」と告げると「WAVY」へ。続けざまに代表曲「すきにやる」も披露され、ファンの合唱がフロアに響きわたった。

早くも会場が大興奮に包まれる中、WILYWNKAは変態紳士クラブがラッパー、レゲエディージェイ、プロデューサーからなるユニットであることを改めて説明。ラッパーとして“本物のラップ”を見せると宣言すると「Return Of The Rap」「2020」でそのスキルをアピールする。一方、VIGORMANは変態紳士クラブについて「一番のミソはただの友達ってことです。友達は狭く深く付き合うものだと思ってます」と語り、仲間への思いを込めたレゲエナンバー「A Few」で温かい歌声を聴かせた。ステージに熱いまなざしを送るファンに向かってWILYWNKAが「お前らに帰る場所がなくなったとしても俺たちはアホな顔してずっとここにおるから、みんなの家やと思ってくれ」と呼びかけると「Home」へ。会場がメロウなムードに包まれる中、「Vintage From Teenage」「湾岸TWILIGHT NIGHT」が続けて披露され、観客は音に身を委ねて体を揺らした。

ライブ中、変態紳士クラブは春に5曲入りの新作音源をリリースすることを発表し、疾走感あふれる表題曲「HERO」を初披露。この曲では観客がメンバーの指示に合わせてしゃがんだり、飛び跳ねたりしてフロアを揺らした。新曲でも大盛り上がりするファンに対して「自分のことが大嫌いだったけど、みんなのおかげでちょっと好きになれました」と感謝したWILYWNKAはステージに立つことへの決意を歌った「Mayday」を披露し、「俺らの音楽のモットーは“等身大”」と語ったVIGORMANは彼が15歳の頃に作った曲「大人が言う」を熱唱。さらに変態紳士クラブの“沖縄支部長”だという唾奇がサプライズで登場し、「Take It Easy」「Merry Go Round」の2曲で観客を熱狂させた。唾奇退場後、「オレンジ」をエモーショナルにパフォーマンスした変態紳士クラブは、ラストナンバーとして「See You Later」を披露。WILYWNKAは別れを惜しむファンに向かって「友達の定義とかないけど、何年も会ってなくても昨日会ったばっかみたいな感じですぐ会えるやつおるやん? 俺らのそれになってくれよ。それが変態紳士クラブ会員でしょ!」と呼びかけた。

メンバー退場後、興奮冷めやらぬフロアからはすぐにアンコールを求める声が沸き起こる。その声に応じてバンドメンバーと共に現れたGeGがキーボードで美しい旋律を奏でると、WILYWNKAとVIGORMANも再び登場。無数のシャボン玉が雪のように降り注ぐ中、ライブ当日に配信された新曲「DOWN」を歌い上げた。そして「俺らが好きにやってきた証がこのステージなんです。最後まで好きにやっていいですか?」とWILYWNKAが問いかけ、VIGORMANが「みんな好きにやれますか!?」とフロアを煽ると、変態紳士クラブは代表曲「すきにやる」のリミックスバージョン「すきにやる 2020」を初披露。よりドラマチックにアレンジされたサウンドに乗せて観客はシンガロングし、WILYWNKAとVIGORMANはステージ上で固く抱き合った。すべてのパフォーマンスを終えた変態紳士クラブとバンドメンバーは、集まったファンと共に記念写真を撮影。大歓声の中、笑顔でステージを去った。

ワンマンライブを成功させた変態紳士クラブは、6月に全国ツアー「変態紳士舞踏会-“HERO” TOUR 2020-」を開催。LINEチケットではチケットの先行抽選予約を受け付けている。

変態紳士クラブ「変態紳士舞踏会 -2222-」
2020年2月2日 新木場STUDIO COAST セットリスト

01. INTRO
02. Do It
03. Everyday
04. CIROC
05. WAVY
06. すきにやる
07. Return Of The Rap
08. 2020
09. A Few
10. Home
11. Vintage From Teenage
12. 湾岸TWILIGHT NIGHT
13. HERO
14. Mayday
15. 大人が言う
16. Take It Easy feat. 唾奇
17. Merry Go Round feat. 唾奇
18. オレンジ
19. See You Later
<アンコール>
20. DOWN
21. すきにやる 2020

変態紳士クラブ「変態紳士舞踏会-“HERO” TOUR 2020-」

2020年6月13日(土)福岡県 DRUM LOGOS
2020年6月19日(金)愛知県 THE BOTTOM LINE
2020年6月25日(木)東京都 Zepp Tokyo
2020年6月27日(土)大阪府 Zepp Osaka Bayside

音楽ナタリーをフォロー