音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

Stray Kids、3月に日本デビュー!ショーケースでSTAYに歓喜の報告「いつもそばにいて」

780

Stray Kids(撮影:田中聖太郎写真事務所)

Stray Kids(撮影:田中聖太郎写真事務所)

Stray Kidsが昨日12月3日に東京・国立代々木競技場第一体育館でショーケースライブ「Stray Kids Japan Showcase 2019 "Hi-STAY"」を開催。3月にベストアルバム「SKZ2020」で日本デビューすることを発表した。

「スキズ(SKZ)」の愛称で親しまれているStray Kidsは2PM、TWICEらが所属する韓国・JYPエンターテイメントによるボーイズグループ。Mnetのサバイバルリアリティ番組「Stray Kids」を通して選抜され、2018年3月にミニアルバム「I am NOT」でデビューした。今年に入りアジア、オセアニア、アメリカ、ヨーロッパを回るワールドツアーを成功させるなどすでに大きな注目を集めている彼らの日本でのお披露目の機会に立ち会おうと、会場には約8000人のSTAY(Stray Kidsファンの呼称)が集結。熱い声援を送りながら、8人のトークやライブパフォーマンスを楽しんだ。

割れんばかりの歓声に迎えられ、STAYの前に姿を見せたStray Kidsは、トークパートからショーケースをスタートさせた。リーダー・バンチャンの「皆さんにとって楽しい時間になるように、僕らのすべてをお見せします!」という言葉から始まったのは、メンバーが書いた自身のプロフィールを紹介していく企画。トップバッターのハンはチャームポイントの項目に「人間型クワッカワラビー」と書き込んだことについて「笑顔が似ているみたいで、皆さんにそう思ってもらっているんです」と説明する。そして、司会者のリクエストに応える形で、「世界一幸せな動物」とも呼ばれるクワッカワラビーのビッグスマイルを披露した。

バンチャンは「天才リーダーバンチャン」という自身のあだ名について「メンバーとSTAYが付けてくれて、まだ恥ずかしいけどだんだん受け入れられるようになってきました(笑)」と照れ笑い。チャームポイントに「ラマ」と書いたヒョンジンは「私はラマです!」と宣言し、手で耳を作ってかわいらしいラマになりきってみせる。またチャンビンは得意のラップを披露して会場を沸かせ、自身を表すハッシュタグという項目に「#リノはきゃわいい #スキズはきゃわいい」と書いたリノは、司会者の「自分が一番かわいいと思う瞬間は?」という問いかけに「いつも」と答えてSTAYの大歓声を誘った。

グループのマンネ(末っ子)・アイエンは自身の立ち位置について「年が若いので、お兄さんたちより健康だなって思います」とコメントし、メンバーとファンを笑わせる。さらに、アイエンに「1日だけマンネを任せるとしたらハンさん」と指名されたハンは、幼い声で自己紹介をしてマンネになりきるサービス精神旺盛な一面を見せた。Stray Kidsの歌声を担うスンミンが甘い歌声で会場を魅了すると、最後にプロフィールを公開したフィリックスは自身のキャラクター「Energetic」について「ラブリーなSTAYのみなさんがエネルギーをくださるので、何をしても大変じゃないですし、僕らもエネルギーを届けたくなるんです」と説明した。

後半のライブパートは人気曲の「DISTRICT 9」で幕開け。火柱が何度も吹き上がるステージに立つ8人は、伸びやかなボーカルと刺すようなラップを客席へ向けて叩きつけ、会場のボルテージを一気に引き上げた。「Victory Song」でSTAYに大きなコールの声を上げさせて一体感をより高めると、リノは「トークもいいけど、やっぱりライブパートはテンションが上がりますね! 皆さんの反応見えてましたよ!」と興奮気味に語り、ヒョンジンは「みんながキラキラ光っているから宇宙の中にいる気分です!」と広い会場を見渡した。

長い花道の先に設けられたセンターステージで披露された「HELLEVATOR」では、力強くコンセプチュアルな群舞でSTAYを魅了した8人。軽やかなサウンドに乗せキュートな仕草を見せる「Awkward Silence」では花道をくまなく歩いてSTAYのすぐそばへ行き、笑顔でコミュニケーションを取る。続く「I AM YOU」は、彼らがこの日のためにアレンジを加えて準備した楽曲。「STAYのために」という言葉のあとにイントロが流れ出すと、1列に並んだ8人はスポットライトを浴びながら思いのこもったまっすぐなユニゾンでこの曲を歌い上げた。

日本初披露となったヒップホップナンバー「DOUBLE KNOT」では、ヒョンジンが「皆さん靴紐をしっかり結んで! 走る準備はいいですか!?」とオーディエンスを鼓舞。ラッパーチームはハードなトラックに攻撃的なラップを乗せ、客席に鋭い視線を投げる。カラフルなレーザー光線が広い空間を行き交ったEDMチューン「MIROH」でメンバーが高揚感を最高潮まで引き上げたところでステージのビジョンに映し出されたのは、日本デビュー決定を知らせる映像。STAYが上げた歓喜の声を受け止めたメンバーは大きな笑顔を浮かべ「嘘!」「マジかよ!」と次々に声を上げる。ハンは「デビューも決まってうれしさ100倍です。これからたくさん素敵な曲作りします!」と約束。フィリックスは「僕たちの1つの大きな夢を皆さんが叶えてくれました」と感謝を伝え、バンチャンは「デビュー決まってもっと気持ちが引き締まりました。メンバー一丸となって走り続けます。いつもそばにいてください」とSTAYに呼びかけた。そして、ラストナンバーとして「Grow Up」を届けた8人は、何度も「愛してる!」とSTAYに伝えながらステージをあとにした。

Stray Kids「Stray Kids Japan Showcase 2019 "Hi-STAY"」2019年12月3日 国立代々木競技場第一体育館 セットリスト

01. DISTRICT 9
02. Victory Song
03. QUESTION
04. HELLEVATOR
05. MY PACE
06. Awkward Silence
07. I AM YOU(Concert VER)
08. M.I.A
09. DOUBLE KNOT
10. MIROH
11. Astronaut
12. Grow Up

音楽ナタリーをフォロー