音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

小沢健二、13年ぶりアルバムは「So kakkoii 宇宙」

1889

小沢健二がニューアルバム「So kakkoii 宇宙」を11月13日にリリースする。

小沢がオリジナルアルバムを発表するのは、2006年3月のインストアルバム「Ecology of Everyday Life 毎日の環境学」以来約13年ぶり。「So kakkoii 宇宙」には、「フクロウ(オリジナル・バージョン)」「アルペジオ(きっと魔法のトンネルの先)」「流動体について」といったシングル曲のほか、ストリングスやホーンをフィーチャーした新曲「彗星」などが収録される。なお「彗星」は本日10月11日より各配信サイトにて配信されている。YouTubeでは「彗星」の配信に合わせティザー映像「ドローン見ちゃだめ、ドローン見ちゃだめ……、見るー!」を公開中。アルバム発売に向けてさまざまな情報を公開するInstagramアカウント(@sokakkoii)も開設された。

アルバム発売の直前となる11月11、12日には東京のライブハウス2カ所で「飛ばせ湾岸 2 nights、guitar bass drums で So kakkoii 宇宙へ」と題したライブが開催される。小沢は自身のTwitterアカウント(@iamOzawaKenji)に「曲、何やろう? #小沢健二 にどうぞ。『彗星』はやります。あと『失敗がいっぱい』笑。新曲です。」と投稿しており、当日に演奏する楽曲のリクエストを募っている。

小沢健二「So kakkoii 宇宙」収録曲

・流動体について
・フクロウの声が聞こえる(オリジナル・バージョン)
・アルペジオ(きっと魔法のトンネルの先)
・彗星
・薫る
・失敗がいっぱい
ほか

小沢健二「飛ばせ湾岸 2 nights、guitar bass drums で So kakkoii 宇宙へ」

2019年11月11日(月)東京都 新木場STUDIO COAST
2019年11月12日(火)東京都 チームスマイル・豊洲PIT

音楽ナタリーをフォロー