音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

青春高校3年C組、EMI Recordsよりメジャーデビュー

484

青春高校3年C組 (c)テレビ東京

青春高校3年C組 (c)テレビ東京

青春高校3年C組がユニバーサル ミュージック内のレーベル・EMI Recordsよりメジャーデビューすることが決定した。

このグループは、2018年春から放送されている秋元康とテレビ東京のタッグによるバラエティ番組「青春高校3年C組」の出演者たち。架空の高校で理想のクラス“3年C組”を作るべく、一般公募によるオーディションを番組内で行ってメンバーが集まった。プロデューサーの秋元は生徒たちに「劇場公演をはじめとしたライブイベントにおいて1万人の動員を達成すればCDデビュー」という課題を与え、今年4月から東京・新宿アルタ KeyStudio にて“放課後公演”を開始。6月からテレビ東京本社スタジオに会場を移したあとも地道に公演を積み重ね、1万人動員の見込みが立ったため、達成に先駆けて本日8月16日オンエアの番組内でメジャーデビューが発表された。

本日の生放送では、重大発表があるということで金曜担任の日村勇紀バナナマン)のほか、隔週担任である飯塚悟志東京03)と柴田英嗣(アンタッチャブル)が2人共スタジオに登場。金曜日担任が勢ぞろいした中で、ユニバーサル ミュージックのスタッフが教室に現れ、生徒たちにサプライズでメジャーデビューが告知された。さらに青春高校の卒業生などから届いたお祝いVTRも流れ、生徒たちは喜びの声を上げた。

それに伴い、8月28日に予定されている東京・チームスマイル・豊洲PITでのイベントのタイトルが「青春高校3年C組デビューKICKOFFライブ~どんな夢にも一歩目がある~」になることが決定。イベントに来場する約2500人に生徒たち全員で手作りミサンガを28日までに作ることがアナウンスされた。このミサンガは10年後に開催されるかもしれない青春高校OBライブの入場パスになるという。

秋元康 コメント

「『青春高校3年C組』を観て泣きました」という話をよく聞く。確かに番組の中の生徒たちは、誰もが歩いたあの甘酸っぱい青春の真っ只中にいる。だから、自分の思い出とオーバーラップさせてしまうのだろう。ここから何曲もの歌が生まれそうだ。

岡田武士氏(ユニバーサル ミュージック EMI Records マネージング・ディレクター)コメント

青春高校3年C組の皆さんと新たなプロジェクトをスタート出来る事にとてもワクワクしています。
青春真っ只中の熱量を多くの人に届けるべく、我々も全力で活動をサポートして行ければと思います。

佐久間宣行(プロデューサー)コメント

20代の頃、僕はすげー面白いと思ってたけどまだ売れてない芸人さん達と知り合って、もっと大きなとこで面白いことやりたいなーと願ってた。それと同じくらいの気持ちで、青春高校もやってます。
先のことはわからないし、売れるかどうかもわからないけど。世の中の皆さんに知ってほしい面白い子達です。

副担任・中井りか(NGT48)コメント

今回はメジャーデビュー決定おめでとうございます▼▼
今まで一番近くで生徒を見てきた先生としてもすごく嬉しいことだし、CDを出すということはアーティスト面では同じステージのライバルとなるのでお互いに頑張りましょう!
みんなの今までの頑張りはきっと結果に結びつくと思うので、ここがスタートラインだと思って止まることなく突っ走ってください!!
(※▼はハートマーク)

青春高校3年C組デビューKICKOFFライブ~どんな夢にも一歩目がある~

2019年8月28日(水)東京都 チームスマイル・豊洲PIT

音楽ナタリーをフォロー