音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

Kis-My-Ft2北山宏光2年ぶり主演舞台「THE NETHER」で捜査官役

904

北山宏光Kis-My-Ft2)主演舞台「THE NETHER」が10月11日より東京・東京グローブ座、11月7日より大阪・森ノ宮ピロティホールで上演される。

「THE NETHER」の舞台は、人々が「ネザー / NETHER」と呼ばれるインターネット上の仮想空間で膨大な時間を過ごすようになった近未来の世界。「人の欲望の暴走」と「倫理の危うさ」という普遍的な問題を5人の登場人物のみで描く作品で、イギリスのロイヤルコートシアターで上演されるとすぐに高い評価を集め、2015年のローレンス・オリヴィエ賞では作品賞を含め4部門にノミネートされた。

日本版の上演台本・演出を手がけるのは、振り込め詐欺、原発事故、イラク戦争など社会問題を描いてきた瀬戸山美咲。人間の欲望や犯罪倫理だけではなく、近年話題となった#MeToo運動やLGBTといった性自認や性的指向に着目し、主人公の性別を女性からあえて性的なことに恐怖心や嫌悪感を抱く男性にすることで、男性対女性の構図にとらわれない「人間と人間の物語」に再構築する。

北山が舞台作品で主演を務めるのは、2017年上演の「あんちゃん」以来2年ぶり。「THE NETHER」では欲望渦巻くネット上の仮想空間を捜査する捜査官役を演じる。そのほか本作には中村梅雀シライケイタ平田満といった面々や、ダブルキャストで長谷川凜音と植原星空が出演。北山は本作への出演に向けて「共演者の方々も、大先輩ばかりで、生半可な気持ちでは到底、太刀打ちができないので、ちゃんとしがみつき、自分の中でも成長できる舞台にしたいです」と意気込みを語っている。

北山宏光(Kis-My-Ft2)コメント

初めてお話をいただいた時、その世界感と内容に最初は戸惑いました。ただ台本を読みこんでいくと、これは現実でも起こりうる可能性もある話だし、社会的なメッセージが込められていて、非常に楽しみになってきました。表現するのには、まだまだ未知数な部分もありますが、良いチャレンジになると思っています。共演者の方々も、大先輩ばかりで、生半可な気持ちでは到底、太刀打ちができないので、ちゃんとしがみつき、自分の中でも成長できる舞台にしたいです。

舞台「THE NETHER」

東京公演

2019年10月11日(金)~11月2日(土)東京都 東京グローブ座

大阪公演

2019年11月7日(木)~11月10日(日)大阪府 森ノ宮ピロティホール
<出演者>
北山宏光(Kis-My-Ft2) / 中村梅雀 / シライケイタ / 平田満 / 長谷川凜音 / 植原星空

音楽ナタリーをフォロー