音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

RAD野田洋次郎が映画「デイアンドナイト」主題歌制作、ボーカルは清原果耶

1282

左から野田洋次郎、清原果耶。(c)「デイアンドナイト」製作委員会

左から野田洋次郎、清原果耶。(c)「デイアンドナイト」製作委員会

1月26日に全国公開される映画「デイアンドナイト」の主題歌を野田洋次郎RADWIMPSillion)が手がける。

「デイアンドナイト」は山田孝之がプロデューサー、藤井道人が監督を務める作品。父親の自殺をきっかけに実家へ帰ることになった主人公・明石幸次が復讐心に駆られ、裏稼業に手を染めていく様子が描かれる。キャストには阿部進之介安藤政信清原果耶らが名を連ねている。今回野田は主題歌「気まぐれ雲」の作詞、作曲、プロデュースを担当。映画出演者である清原が劇中の役柄・大野奈々名義でボーカルを務めた。

この主題歌に関して野田は「良い作品だからこそ、負けないくらい良い曲にしたいと思ったし、最後に流れる曲なので、映画を観た人が、何度も何度もこの映画を自分の中で反芻できる曲であってほしい、一生懸命生きている登場人物たちの姿が蘇ってきてほしいと思いました」と説明。歌詞や曲調については「人生が思う通りにいっていない人たちの物語なので、“切実な願い”みたいなものを、ありのままに書きたいと思いましたし、ただ悲しいだけの曲ではない、強さが欲しいと思いました」とコンセプトを語った。一方ボーカルを務めた清原は「言葉や音楽は聴いた人それぞれの捉え方があるので、なるべく素直に、真っ直ぐに。奈々の生き方を思い出しながら歌えればと思いました」「野田さんが紡いでくださったこの歌詞を自分の言葉として歌えるようにと考えて、そういったことも取り入れながら練習しました」とコメント。彼女とのレコーディングについて、野田は「なるべく何も言わない。事前に声を聞かせていただいて、すごく素敵な声だと感じていたので、足さず、引かずに」と振り返っている。

また山田は主題歌について「DAY AND NIGHTの物語は奈々で終わります。しかし奈々の人生はこれからも続きます。これを表現するため、洋次郎に『奈々の気持ちになって歌詞を書いてほしい』と伝えました」と語りつつ、清原をボーカルに抜擢したきっかけについて「洋次郎から『ヒロインの子に歌ってもらうのはどう?』と、素晴らしい提案をもらいました。これ以外にないと思いました」と明かしている。

音楽ナタリーをフォロー