音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

坂本真綾「トライガン」舞台挨拶に登場「映画館は特別な空間」

坂本真綾が声優として出演するアニメ映画「劇場版 TRIGUN -Badlands Rumble-」が昨日4月24日より上映開始。池袋サンシャインシネマでは、映画公開を記念したキャスト&スタッフによる初日舞台挨拶が行われた。

「劇場版 TRIGUN -Badlands Rumble-」は、内藤泰弘の人気マンガ「トライガン」をアニメ化したもの。1998年にテレビアニメとして放送され大ヒットした人気作が、劇場版アニメとなって12年ぶりの復活を果たした。

真綾が演じているのは、極度に男を嫌う美貌の女賞金稼ぎ、アメリア・マクフライ。舞台挨拶では主人公ヴァッシュ・ザ・スタンピード役の小野坂昌也、ニコラス・D・ウルフウッド役の速水奨、監督の西村聡、原作者の内藤泰弘とともに登壇し、この映画に対する思いを語った。

なお、劇中音楽はテレビシリーズと同様に今堀恒雄が担当。4月21には劇中音楽をまとめたアルバム「TRIGUN Badlands Rumble オリジナルサウンドトラック」がリリースされている。

坂本真綾 コメント

12年前からずっと楽しみに待っていた方もいらっしゃると思いますし、スタッフの皆さん、キャストの皆さんのこの作品に対する思いを強く感じます。これだけ時が経って、また新しい作品が作られるというのはすごいことだと思いますし、皆さんに愛されている作品に参加させていただけてとってもうれしいです。

私も映画館で映画を観るのは大好きなんですけど、こうやってひとつの作品が好きな人たちが同時に観て、一緒に笑ったりオーッと思ったり、いろんな思いを共有できる特別な空間だと思うので、思いっきり楽しんでください。

音楽ナタリーをフォロー