音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

Jean-Ken Johnnyのギターを再現、ラウドロックに適したJaguar登場

414

「JEAN-KEN JOHNNY JAGUAR」を手にしたJean-Ken Johnny(MAN WITH A MISSION)。

「JEAN-KEN JOHNNY JAGUAR」を手にしたJean-Ken Johnny(MAN WITH A MISSION)。

MAN WITH A MISSIONのJean-Ken Johnny(G, Vo, Rap)によるシグネイチャーモデルのギター「JEAN-KEN JOHNNY JAGUAR」が、フェンダーミュージックより12月初旬に発売されることが決定した。

「JEAN-KEN JOHNNY JAGUAR」はラウドロックサウンドに適した実践的なモデル。Jean-Ken Johnnyは2013年に入手したFender Pawn Shop Jaguarilloに、激しいプレイでも弦落ちを防ぐバズストップ、瞬間的に6弦をドロップDに切り替えられるHipshot GT-2C、Seymour DuncanのリアピックアップTB4-ZBなど独自のカスタマイズを施しており、今回のモデル化に際してはその自身のカスタマイズに新たなリクエストを加えている。「ステージで使用するものをそのまま届けたい」というJean-Ken Johnnyの思いから、ソープバータイプのフロントピックアップ、トグルスイッチのピックアップセレクターといった新要素のほかは、すべてのパーツやシェイプをJean-Ken Johnnyの実機そのままに再現。ファン以外のプレイヤーにも使ってもらえるようにと、あえて本体に名前の刻印は入れておらず、本人が使用しているバンドのロゴステッカーが付属する。

音楽ナタリーをフォロー