音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

SKE48メンバーが“真の姿”でパチンコ業界を応援

パチンコ機器メーカーKYORAKUのマスコットガール「ゼブラ天使(エンジェル) キュインキュイ~ン」に、SKE48の高田志織、小野晴香、出口陽、平田璃香子、古川愛李が任命。お披露目会見が本日4月13日、都内で行われた。

「ゼブラ天使 キュインキュイ~ン」はパチンコの楽しさを広め、パチンコ業界だけでなく世の中を明るくしていくために結成。リーダのあかキュイン(高田)を筆頭に、あおキュイン(出口)、ももキュイン(平田)、みどキュイン(古川)、きキュイン(小野)の5人が一人前のパチンコPR天使を目指し、今後さまざまな活動を展開していく。

お披露目会見には彼女たちのほか、KYORAKUの広報宣伝担当兼マスコット的存在のたぬ吉と、お笑い芸人のこりゃめでてーなが参加。大のパチンコ好きだというこりゃめでてーなの大江健次は、「大の好物ですよ。好きすぎて、T字カミソリで頭をパチンコ玉みたいにしてきちゃいました」と言って被っていた帽子を取って、自身のスキンヘッドを披露し会場の笑いを誘った。

ゼブラ天使の5人はこりゃめでてーなの2人から「ゼブラ天使の正体がSKE48ってことですね?」と問われると、ももキュイン(平田)は「違うんです、逆なんですよ! SKE48の出口、平田、高田、古川、小野の正体がゼブラ天使なんです」と反論。「地球に来たときから、言いたくてウズウズしてたんですよ」と、あくまでSKE48が仮の姿であることを力説した。

また、ゼブラ天使としてしてみたいことを問われると、あかキュイン(高田)は「私たちのパチンコ台を出せたらいいな」と発言。みどキュイン(古川)は「主題歌を作って、CDデビューもしたいです」、ももキュイン(平田)は「ドラマとか映画を作りたい!」、きキュイン(小野)は「みんなで焼き肉を食べに行きたいです」と、それぞれ思い思いの野望を口にした。

ゼブラ天使の5人は今後、パチンコ新機種の展示会へのゲスト出演、ホールでのイベント参加などを展開予定。また、プレミアムキャラクターとして実機への起用や、パチンコファンやSKE48ファンにもアピールするグッズ展開などが計画されている。5人の奮闘ぶりは、KYORAKUオフィシャルサイト内にオープンした専用ページにて、動画コンテンツなどで紹介される。

音楽ナタリーをフォロー