音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

SHE IS SUMMERとチェコが初競演!アットホームなZIMA×ライブナタリー大阪編

263

SHE IS SUMMER(中央)とCzecho No Republic。(撮影:田浦ボン)

SHE IS SUMMER(中央)とCzecho No Republic。(撮影:田浦ボン)

SHE IS SUMMERCzecho No Republicが本日10月5日に大阪・LIVE HOUSE Pangeaで行われたライブイベント「ZIMA MUSIC FIGHTERS meets ライブナタリー」に出演した。

「ZIMA MUSIC FIGHTERS meets ライブナタリー」はナタリーのイベント企画「ライブナタリー」がプレミアム低アルコール飲料ブランド「ZIMA」とタッグを組み、音楽シーンを盛り上げるために立ち上げたライブシリーズ。9月から10月にかけて全国5都市で対バンライブが行われ、大阪公演ではSHE IS SUMMERとCzecho No Republicが初競演を果たした。

先攻のSHE IS SUMMERはMICOの「みんなちゃんとお酒は飲んでる? みんな一緒に踊りましょう!」という声を合図に「出会ってから付き合うまでのあの感じ」でライブをスタート。観客はクラップをしながらダンサブルなサウンドに身を任せ、サビでは手を左右に振って盛り上がった。続くポップチューン「私たちのワンピース」、最新作「hair salon」の収録曲「生活」でMICOは表情豊かに楽曲を歌唱。ステージいっぱいを使ったパフォーマンスでキュートな魅力を振りまいた。

楽曲に込めた思いを語ったMICOは「エンドロールの先を歩く」「うしろめたいいい気持ち」と原田夏樹(evening cinema)の提供曲を立て続けに披露。会場中にミラーボールが光を反射する中、演奏された「WATER SLIDER」ではエモーショナルな歌声で観客を魅了した。「神戸出身だから関西人で、ホンマはネイテイブな関西弁をしゃべれるんです。でも東京に10年も住んでるし、エセ関西弁になるかもしれないことを了承して」と話し始めたMICOは、ひと足先に現地入りし、大阪観光を楽しんだことを明かす。行く先々で大阪の人の温かさに触れたと楽しげに語ったあと、東京・渋谷の街の冷たさを表現したという「会いに行かなくちゃ」、アンニュイな雰囲気漂うミディアムナンバー「CALL ME IN YOUR SUMMER」を披露した。

アッパーチューン「あれからの話だけど」を経てパフォーマンスされた「君のせい」でMICOはコール&レスポンスを繰り広げ、ラストスパートをかける。そして「女の子の告白」「とびきりのおしゃれして別れ話を」をパワフルに歌い上げ、ライブを締めくくった。

Czecho No Republicは武井優心(Vo, B)が「歌えますか?」と冒頭から煽り、1曲目の「Amazing Parade」でさっそくシンガロングを巻き起こす。タカハシマイ(Syn, G, Vo)が「六月の空を」という歌詞を「Pangeaの空を」と替えて歌うと、オーディエンスから歓声が上がった。人気曲「MUSIC」では武井とタカハシの爽快感のある歌声と、山崎正太郎(Dr, Cho)のパワフルなドラムが光る。砂川一黄(G)が「もっと熱くなろうぜ! 大阪!と呼びかけて始まったのは「No Way」。躍動するビートと砂川が高らかに鳴らすキャッチーなギターリフが会場に高揚感をもたらした。

「Electric Girl」ではタカハシがボーカルを取り、マイクを手にステージを自由に使って伸びやかに歌唱。続く「Dream Beach Sunset」では武井がベースを置いてマイクを握り、熱唱したり、シャウトしたりとアグレッシブなパフォーマンスを繰り広げる。さらに山崎が刻むタイトなビートの上で、砂川によるベースソロが決まると観客はCzecho No Republicに大きな拍手を送った。武井はZIMAを飲みながら「お酒を飲みながらライブをするのはひさびさだなあ」と話し始め、今年の4月に起きたメンバーの脱退について触れる。そして「4人になったチェコにZIMAさんがキャンペーンソングを依頼してくれて。本当に救われたんです」としみじみ語り、そのキャンペーンソング「Baby Baby Baby Baby」を披露した。

その後、Czecho No Republicは「今ここにあることがすべて」というメッセージを込めた新曲をプレイ。まだ音源化されていないこの楽曲の歌詞を噛みしめるように、観客は彼らの演奏にじっと耳を傾けた。武井が「ハッピーの向こう側に突撃しませんか?」と呼びかけて始まった「Oh Yeah!!!!!!!」では、Czecho No Republicメンバーとオーディエンスの「Yeah!!!!!!!」という声が会場いっぱいに響いた。本編はアンセミックな「Firework」でフィニッシュ。アンコールで武井は「アットホームな感じでうれしく楽しくやらせてもらえました」とライブの感想を述べ、バンドにとって大切な楽曲だという「好奇心」を披露して「ZIMA MUSIC FIGHTERS meets ライブナタリー」大阪編の幕を下ろした。

なお10月18日には東京・LIQUIDROOMにて、SHE IS SUMMER、向井太一、佐藤千亜妃(きのこ帝国)が出演する「ZIMA MUSIC FIGHTERS meets ライブナタリー」最終公演が開催される。チケットは各プレイガイドにて販売中。

ZIMA MUSIC FIGHTERS meets ライブナタリー 2018年10月5日 LIVE HOUSE Pangea セットリスト

SHE IS SUMMER

01. 出会ってから付き合うまでのあの感じ
02. 私たちのワンピース
03. 生活
04. エンドロールの先を歩く
05. うしろめたいいい気持ち
06. WATER SLIDER
07. 会いに行かなくちゃ
08. CALL ME IN YOUR SUMMER
09. あれからの話だけど
10. 君のせい
11. 女の子の告白
12. とびきりのおしゃれして別れ話を

Czecho No Republic

01. Amazing Parade
02. MUSIC
03. No Way
04. Electric Girl
05. Dream Beach Sunset
06. Baby Baby Baby Baby
07. 新曲
08. Oh Yeah!!!!!!!
09. Firework
<アンコール>
10. 好奇心

ZIMA MUSIC FIGHTERS meets ライブナタリー 東京公演

2018年10月18日(木)東京都 LIQUIDROOM
<出演者>
SHE IS SUMMER / 向井太一 / 佐藤千亜妃(きのこ帝国)

音楽ナタリーをフォロー