音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

山本精一率いる羅針盤の結成メンバーが集結、バンド初期の曲を歌う

701

羅針盤の初期メンバーによるライブが12月1日に大阪・難波ベアーズで開催されることが決定した。

これは大阪の音楽レーベル、ギューンカセットの設立25周年を記念したイベントシリーズの一環として行われるもの。この日は、俗に3部作と呼ばれるアルバム「らご」「せいか」「ソングライン」が制作された際の山本精一(Vo, G)、須原敬三(B)、吉田正幸(Key)、伴野健(Dr)という4人のメンバーで、初期の羅針盤の楽曲が演奏される。

羅針盤は想い出波止場、ROVO、MOSTなどでの活動で知られる山本精一が中心となって1988年頃に結成された歌モノフォークロックバンド。1997年にワーナーミュージック・ジャパンからメジャーデビューし、1999年には矢口史靖監督の映画「アドレナリンドライブ」に主題歌「アドレナリンドライブ」を提供した。2005年にドラマーのChinaこと西浦真奈がDMBQのアメリカツアー中に交通事故に遭って急死し、これを受けて羅針盤は解散した。

ギューンカセット25周年記念

2018年12月1日(土)大阪府 難波ベアーズ
<出演者>
山本精一(Vo, G)、須原敬三(B)、吉田正幸(Key)、伴野健(Dr)

音楽ナタリーをフォロー