音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

秋元康×ワーナーミュージック、ガールズバンドプロジェクト始動

1328

秋元康とワーナーミュージック・ジャパンがタッグを組み、“国民的ガールズバンド”を生み出すプロジェクトをスタートさせる。

このバンドでは、楽曲によるメンバー選抜システムを採用。ギター、ベース、ドラム、ボーカル、キーボードといった各パートに複数のメンバーが在籍する。楽器演奏の練習過程、セッションの様子は各種メディアを通してファンに伝えられる。

プロジェクトのオフィシャルサイトでは、本日9月4日に第1期生オーディションの応募受付がスタート。12月23日に東京・Zepp Tokyoでオーディションの結果とバンド名が発表され、その後2019年春にバンドがデビューする予定。秋元は「可愛いとか、スタイルがいいとかだけじゃなく、個性溢れる女の子が集まって欲しい。楽器が弾けなくたって構わない。これから練習すればいいのだ。何か、熱くなることを求めている人を待っている」とコメント。オーディションの応募資格は、プロジェクトのオフィシャルサイトで確認を。

※記事初出時より本文と画像キャプションの表現が変更になりました。

秋元康 コメント

Warner Music Japanの小林和之代表取締役兼CEOから、新しいプロジェクトをプロデュースして欲しいと頼まれたので、「やるなら、バンドがいい」と答えた。もしかしたら、Warner Music Japanはアイドルをプロデュースして欲しかったのかもしれないが、どうせなら新しいことに挑戦した方が面白い。「カズさん(小林和之氏)、大人数のバンドはどうですか? ヴォーカルもギターもベースもドラムもキーボードも何人も所属していて、楽曲によってチームが編成される大所帯のバンド。こういう曲だったら、あのヴォーカルにこのギターの組み合わせがいいとかってあるじゃないですか?」会議で僕が提案したアイデアに、「そんなのないですねえ、面白い!」とカズさんを初めとするWarner Music Japanのスタッフが乗ったのである。
「どうせなら、バンド経験者だけではなく、楽器を弾けない人も参加できるオーディションにしよう」と盛り上がった。第一弾は、「ガールズバンド」。これから先、男性のバンドや、混合のバンドも生まれるかもしれないが、新しい試みにすぐ飛び込んでくれるのは、いつだって女の子だ。可愛いとか、スタイルがいいとかだけじゃなく、個性溢れる女の子が集まって欲しい。
楽器が弾けなくたって構わない。これから練習すればいいのだ。何か、熱くなることを求めている人を待っている。

総合プロデューサー 秋元康

音楽ナタリーをフォロー