音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

WACKとSWのZINE「FUCK and FUCK」創刊、BiSHアユニ・Dいっぱい号も

1202

WACKとSWの企画によるZINE「FUCK and FUCK」が創刊される。

このZINEはBiSBiSHGANG PARADEEMPiREを手がけるWACK代表・渡辺淳之介の発案によって、ライター兼編集者の西澤裕郎が運営するSWが編集、発行するもの。「BOYS and READ ver.」と銘打たれた創刊号には、渡辺と西澤に加え、WACK所属アーティストの衣装制作やオフィシャル写真の撮影を担当する外林健太、旧BiS時代からWACK関連グループを取材し続けている音楽ライターの平賀哲雄の4人の生い立ちに迫る2万字インタビューが掲載される。題字はBiSHのグッズデザインを手がけるFACEによる書き下ろし。SWの通販サイトにて限定1000部のナンバリング入りで販売され、8月15日より順次発送される。

9月には「WACK写真同好会 ver.」と題した本ZINEの第2弾が刊行される。この号にはアユニ・D(BiSH)がモデルとして登場。カメラマンとしてセントチヒロ・チッチ(BiSH)、ココ・パーティン・ココ(GANG PARADE)、ペリ・ウブ(BiS)、渡辺、外林という「WACK写真同好会」のメンバーが撮り下ろした写真が掲載される。「FUCK and FUCK」は毎回テーマを変えて発行される予定なので、今後の内容にも注目しておこう。

音楽ナタリーをフォロー