音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

阿部サダヲ&吉岡里帆「音量を上げろタコ!」主題歌はHYDE&いしわたり、あいみょん提供

2623

阿部サダヲが主演、吉岡里帆がヒロインを演じる10月12日公開の映画「音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」の主題歌および挿入歌が発表された。

「音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」は阿部演じる“俺様キャラ”のロックスター・シンと、吉岡演じる声が小さすぎるストリートミュージシャン・ふうかを追ったコメディ。偶然出会った正反対の2人だが、ふうかはシンの驚異的な歌声が“声帯ドーピング”によるものだという秘密を知ってしまう。シンの喉はドーピングのしすぎで崩壊寸前に陥るが、その歌声を巡って2人が追われる事態が発生する。監督は「俺俺」「時効警察」シリーズなどで知られる三木聡が務めた。

本作の主題歌は阿部が歌う「人類滅亡の歓び」と、吉岡が歌う「体の芯からまだ燃えているんだ」の2曲。「人類滅亡の歓び」は作曲をHYDEが、作詞をいしわたり淳治が手がけた。2人のタッグは今回が初。HYDEは「監督のイメージを具現化していったら恐ろしい曲になりました笑」、いしわたりは「『声帯をドーピングしてとんでもない声を出すカリスマ的ロックスターの歌詞なんですけど…』なんていう言葉で笑いながら始まる打ち合わせは、おそらくこの先の人生でも二度とないでしょう」と、それぞれ主題歌についてコメントしている。

「人類滅亡の歓び」の演奏は、劇中でシンのバックバンド「EX MACHiNA」としても出演するPABLO(G / Pay money To my Pain)、KenKen(B / RIZE、LIFE IS GROOVE、Dragon Ash)、SATOKO(Dr / FUZZY CONTROL)が担当。アレンジもPABLOが手がけた。

吉岡が歌う「体の芯からまだ燃えているんだ」の作詞作曲はあいみょん。彼女はこの曲について「体の芯を燃やす感覚をいつになっても忘れたくないです。テンションを上げて行こう!」と語っている。こちらのアレンジと演奏はTHIS IS JAPANが担当した。

このほか多数の挿入歌の作詞作曲、および演奏を豪華アーティストたちが手がけている。「夏風邪が治らなくて」は安部勇磨(Vo, G / never young beach)が作詞作曲、never young beachがアレンジと演奏を担当。橋本絵莉子(チャットモンチー)はソロとして「まだ死にたくない」「ゆめのな」の作詞作曲を手がけた。「遊ぶ金欲しさの犯行」はグループ魂の遅刻(G)こと富澤タク(Number the.)作詞作曲のナンバーで、ニューロティカのKATARU(B)、NABO(Dr)と共に演奏と劇中への出演も果たしている。八十八ヶ所巡礼は清水麻八子をボーカルに迎えた「肩噛むな!」の作曲と演奏を手がけ、こちらも劇中に登場する。

本作の参加アーティストの顔ぶれに三木監督は「ちょっとしたフェス状態で心も体も震えます」と喜びを明かしている。各アーティストのファンは映画の公開を楽しみにしておこう。

HYDE コメント

監督のイメージを具現化していったら恐ろしい曲になりました笑。
シンとの共通項も多く、時期的にもお互いパクったわけではないのですが、シンと僕のアー写がそっくりだったので驚きました。
僕はドーピングしてませんよ!

いしわたり淳治 コメント

「声帯をドーピングしてとんでもない声を出すカリスマ的ロックスターの歌詞なんですけど…」なんていう言葉で笑いながら始まる打ち合わせは、おそらくこの先の人生でも二度とないでしょう。廃退的で耽美的な歌詞。とても楽しい貴重な経験をさせて頂きました。

あいみょん コメント

人生の先には、まだ知らない誰かとの出会いが想像つかないくらいに待っていて、その出会いが自分自身の人生を大きく変えていくかもしれない。そう思うと未来は爆発的に面白い。
あの日聴いた音や声、見たもの全てが今日の自分に語りかけてくるように、体の芯を燃やす感覚をいつになっても忘れたくないです。テンションを上げて行こう!

PABLO(Pay money To my Pain) コメント

ライブシーンで炸裂する「人類滅亡の歓び」の編曲では三木監督のアイデアに基づき、様々なサブカルとリンクした音楽的要素を詰め込めこみつつ、やりたい放題で最高に気持ちがいい音に仕上がりました!
映画に出演することが夢だったこともあり、作品と関わり最高の体験をさせていただきました。
是非、映画館の大音量で「EX MACHiNA」の轟音を「シン」の絶唱を全身に浴びてください!!

KenKen(RIZE、LIFE IS GROOVE、Dragon Ash) コメント

今回は大好きな三木聡監督の作品に呼んでもらって、本当に嬉しかったです。
冒頭の少しの出演ですが、少しでも華を添えられたら幸いでございます。

SATOKO(FUZZY CONTROL) コメント

最高に楽しくて刺激的な映画と楽曲に携わらせて頂き幸せです。
音楽演奏のみならず、阿部サダヲさんのバンドメンバーとして役も頂いて光栄の極みです。
三木ワールドの住人たちは本当にぶっ飛んでいます。故にメイクが奇抜すぎて誰だかわからないかも…。笑

杉森ジャック(THIS IS JAPAN) コメント

音量を上げろ!と言われなくても音量を上げがちなバンドである我々ですが、観終わった後にはもっともっと音量を上げたい!とテンションが上がってしまいました。大好きな作品です。
エネルギーとエモーションに満ちた「音タコ」に、少しでも携われたことを誇りに思います。

安部勇磨(never young beach) コメント

この映画は笑って観る映画です。恥ずかしがらず、たくさん笑いましょう。

橋本絵莉子(チャットモンチー) コメント

声が小さく、気も小さいボーカリストの曲を作って下さいとお願いされた時は、私の得意分野かもしれないと思いました。普段の私に近いからです。
歌詞も、私半分、ふうか半分の割合で完成しました。楽しかったです。

富澤タク(グループ魂、Number the.) コメント

当時のパンク、ニューウエーブに思いを馳せながら、三木監督と作詞の共作までさせていただきつつ、楽曲制作をやらせてもらいました。そのうえ微妙に出演までさせていただき(直視しないでください(苦笑))感謝の念に堪えません。今年の音楽映画はコレで決まりっしょ!

マーガレット廣井(八十八ヶ所巡礼) コメント

監督のキ●ガイ的な歌詞のおかげで、我々だけでは絶対に作れなかったキ●ガイじみた曲ができました。監督に感謝です。

三木聡監督 コメント

本作の音楽について
この作品の音楽を最強のメンバーでやれたことは、本作をやってよかったと思えることのひとつです。
参加して下さった、どのアーティストも最強過ぎ。ちょっとしたフェス状態で心も体も震えます。

W主題歌について
HYDEさんといしわたりさんの曲、格好良すぎて脳下垂体からアドレナリンが噴出します。
あいみょんさんは、心をグラグラと揺らされる歌を作って下さいました。
阿部サダヲ・吉岡里帆という二人のパフォーマーがその曲に対してどう立ち向かっているのか、ご期待ください。

音楽ナタリーをフォロー