音楽ナタリー - 新曲リリース・ライブ情報などの音楽ニュースを毎日配信

三代目JSB、ジェネ、ランペ、E-girlsメンバーら「SSFF」開幕を祝う

5885

左から白濱亜嵐、岩田剛典、山下健二郎、青柳翔。

左から白濱亜嵐、岩田剛典、山下健二郎、青柳翔。

本日6月4日に映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア 2018」(SSFF & ASIA 2018)が開幕。オープニングセレモニーが渋谷ヒカリエ ヒカリエホールにて、レッドカーペットイベントが東京・セルリアンタワー東急ホテル ボールルームにて行われた。

「SSFF & ASIA」は今年で20周年を迎える映画祭。6月4日から24日まで、東京都内の会場にて、世界130以上の国と地域から集まった1万本を超える作品の中から、選りすぐりの約250作品が上映される。オープニングセレモニーにはEXILE HIRO、「SSFF & ASIA」のフェスティバルナビゲーターを務める三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEから山下健二郎岩田剛典、「SSFF & ASIA」の特別プロジェクトとして製作されたショートフィルムオムニバス「ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-」に出演している白濱亜嵐(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、青柳翔、本映画祭の審査員の1人である坂本美雨、フェスティバルアンバサダーのLiLiCo、「SSFF & ASIA」の代表を務める別所哲也ら34名が出席。セレモニーの中では519作品の中から選ばれた「観光映像大賞」優秀賞、環境問題をテーマにした「地球を救え部門!Supported by リンレイ」優秀賞など、各部門のアワードの発表と授与が行われた。さらにアース製薬協賛、家族を思う気持ちをテーマにした短編小説公募プロジェクト「EARTH Act For Life AWARD」の大賞作品を原作に製作された「美知の通勤電車」、「SSFF&ASIA」とエイベックス・デジタルが若手映像クリエイター育成を目的として開催した企画コンペディション「avex digital Award」で最優秀賞を受賞しショートフィルム化された「ブレイカーズ」の予告編が初公開された。

6編からなる「ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-」の出演者たちはオープニングセレモニーでそれぞれ出演作についてコメント。「幻光の果て」に出演した山下は「ショートフィルムは初めて。短い時間の中でメッセージを伝えることについて、監督と話し合いながら、役者としてとてもいい経験をさせていただきました」と述べた。「Our Birthday」で初めて英語の芝居に挑戦した青柳は「撮影期間3日のうち、初日と2日目に(英語の芝居が)あったんですが、嗚咽が出るくらい緊張しました!」「今回をきっかけに、英語芝居にチャレンジしていきたいと思える作品になりました」と話す。安藤桃子監督の「アエイオウ」に出演した白濱は「安藤和津さんもいらしたので、終始安藤家に囲まれて過ごしました。夜ごはんも食べに行きましたし。(安藤が住んでいる)高知で1週間オールロケをやらせていただきました」「相手役のおばあちゃんが、安藤(桃子)さんが現地でスカウトした普通のおばあちゃんだったんです(笑)。普通のおばあちゃんとお芝居させていただくのはなかなかないことなので、素晴らしい経験になったと思います」と撮影時のエピソードを明かした。「ファンキー」に出演した岩田は撮影を振り返り、「『その動き、ファンキーだと思ってるの?』って監督に言われて(笑)。1つの判断基準が“ファンキー”(かどうか)になるという刺激的な撮影期間でした」とコメント。また岩田は山下と同日に水中での撮影に臨んでいたそうで「酸素ボンベを外す動画を送り合っていました(笑)」とかわいらしいエピソードを明かした。

レッドカーペットイベントにはHIRO、山下、岩田、白濱、青柳らに加え、VERBALm-flo)、Dream AmiE-girlsのメンバー、EXILE THE SECONDのメンバー、GENERATIONS from EXILE TRIBEのメンバー、斎藤工らも登場。華やかな装いでレッドカーペットを歩き、来場者を沸かせた。

音楽ナタリーをフォロー