音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

AKB48小栗有以、「マジムリ学園」でドラマ初主演「自分らしい作品を作れたら」

560

ドラマ「マジムリ学園」のワンシーン。 (c)「マジムリ学園」製作委員会

ドラマ「マジムリ学園」のワンシーン。 (c)「マジムリ学園」製作委員会

7月25日(水)深夜から日本テレビ系にてドラマ「マジムリ学園」の放送がスタート。今作でAKB48の小栗有以が主演を務める。

「マジムリ学園」は企画・原作を秋元康、脚本を丸尾丸一郎劇団鹿殺し)が手がける学園ドラマ。厳しいヒエラルキーが存在する私立嵐ヶ丘学園を舞台に、転校生・清水小百合が圧倒的な力を持つ生徒会長・神崎亜蘭に対抗する様子が描かれる。

今回がドラマ初主演となる小栗は清水を熱演。生徒会長の神崎は本間日陽(NGT48)が演じ、このほかキャストには岡部麟(AKB48)、向井地美音(AKB48)、倉野尾成美(AKB48)、荻野由佳(NGT48)、加藤美南(NGT48)、谷口めぐ(AKB48)、瀧野由美子(STU48)、横山由依(AKB48)が名を連ねる。さらに清水たちに闘いを挑む“史上最強の男たち”として城戸康裕、把瑠都、坂口征夫、鈴木貴之廣瀬智紀も登場する。

今回のドラマ出演に関して、小栗は「最初『主演』というお話を聞いたときは信じられなかったです」「このお話がきてとてもうれしかったですし、今まで先輩方が作ってきた作品とはまた違う自分らしい作品を作れたらな、という気持ちです」とコメント。また演技やアクションシーンについて「最初は感情の入れ方に苦戦しましたが、撮影が進むにつれて“自分ではない人”を演じるのは楽しいと気付きました」「撮影をしていく中で、アクション部の方やカメラマンさんに褒めていただくこともありすごくうれしかったですし、少し自信がつきました」と撮影時を振り返った。

なお「マジムリ学園」の初回テレビ放送終了後には、Huluでの先行配信もスタート。気になるファンはぜひこちらもチェックしてみよう。

日本テレビ系「マジムリ学園」

2018年7月25日(水)24:59~25:29

音楽ナタリーをフォロー