音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

赤西仁、全編バンドアレンジで魅せた3年半ぶりライブハウスツアー

1373

赤西仁(撮影:田中聖太郎)

赤西仁(撮影:田中聖太郎)

赤西仁が5月24日に東京・Zepp Tokyoでライブハウスツアー「JIN AKANISHI "JINDEPENDENCE" TOUR 2018」の追加公演を開催した。

赤西がライブハウスツアーを実施したのは、2014年11、12月に行われたツアー「JIN AKANISHI "JINDEPENDENCE" TOUR 2014」以来約3年半ぶり。今回彼は東京、大阪、愛知にて計8公演を行い、全編バンド編成で楽曲を披露した。

オーディエンスの期待のこもった大きなハンドクラップが鳴り響く中、ステージと客席を隔てる紗幕に赤西のシルエットが浮かび上がる。1曲目「We The Party」のイントロが始まると勢いよく紗幕が下ろされ、赤西とバンドメンバーの姿が現れた。Tシャツとジーンズのラフなスタイルでステージに立った彼は、バックバンドが繰り出す躍動感あふれるサウンドに乗せて伸びやかに同曲を歌い上げる。続く「Miss California」で観客は心地のいいビートに合わせて自由に体を揺らし、生演奏によるライブを楽しんでいた。その後スモークがステージを覆うと同時にエッジィなギターが鳴らされ「Eat Ya Heart Out」がスタート。ステージ上方から放たれる光やレーザーライトによる鮮やかな演出に彩られながら、彼は卓越したライブパフォーマンスでオーディエンスを魅了した。

「今日はラストだからね、悔いを残さず楽しんでいってもらえれば」とフロアに告げ、赤西が美しい鍵盤の音色をバックに歌い始めたのは「Feel」。緩急をつけたボーカルで会場の空気を引き締めたあと、「Let Me Talk To U」でスケール感のあるバンドアンサンブルに乗せて芯のある歌声を響かせる。ファンの間でも人気の高いナンバー「Care」を情感豊かに歌い上げると、その後彼は合唱が沸き起こった「アイナルホウエ」、そしてキャッチーな振り付けがフロアに広がる「Lucky」といったナンバーを続け、場内は大盛り上がりとなった。

赤西は「バンドでツアーをやるのは初めてなんですけど、大丈夫ですかね。いつもは踊るので、ステージでのやり方がわからなくて。でも、だんだん慣れてきたかな」とツアーの手応えをのぞかせ、フロアに飛び交う声に応じるなど観客とコミュニケーションを交わしながらフランクにMCを進行した。そして彼はリアレンジアルバムを8月にリリースすることを告知すると、カラーの異なる新曲を続けて披露。カラフルなライトが飛び交う中ポップなナンバー「Candy Flava Girl」(仮)を歌い終えたあと、ダンサブルな楽曲「Feelin'」(仮)をクールに届けフロアを踊らせた。

赤西が椅子に腰をかけ、手に取ったのはアコースティックギター。「ギターって難しいよね」と苦笑いしつつも彼は丁寧に音を紡ぎながら最新アルバムの収録曲「Mrs. Right」を披露し、続けて「Baby」「Thoughts」といったスロウテンポのナンバーをじっくりと歌い上げる。「あと5曲です」と彼が告げるとフロアからはライブの終了を惜しむ声が次々と上がるが、彼は「あと5曲に魂を注いで歌いたいと思います」と宣言。そして「魂を注ぐ1曲目は、こちらでございます」という曲振りと共に「ムラサキ」のイントロが流れ、場内に大歓声が沸き起こった。「ムラサキ」は2004年にライブで初披露され、2011年に音源化されたものの滅多に歌われることがなかったナンバー。オーディエンスは固唾を飲んで、ハンドマイクで飾り気のない歌声を響かせる彼の姿に見入っていた。

スモークやレーザーライトによる幻想的な光景の中、赤西は時折髪を振り乱しながら「Mi Amor」をエモーショナルに披露し、一度ステージをあとに。バンドメンバーによる華麗なソロ回しが展開され会場のテンションが終盤に向けて一層高まったところで、髪を束ねツアーTシャツに衣装をチェンジした彼がステージ袖から現れた。リズミカルなギターやアグレッシブなベースが印象的なアレンジで「Dayum」を届けたあと、間髪を入れずに彼は「Fill Me Up」へとつなげ、グルーヴィなサウンドと力強いボーカルで場内を沸かせた。ステージの上のミラーボールが輝き、彼がラストナンバーとして歌い始めたのはサマーチューン「Summer Loving」。大歓声を浴びながら彼はステージの端から端まで歩き、最後までオーディエンスとライブを楽しむ。そしてすべての楽曲を歌い終えた彼は「今年のツアーはこれで終わりですけど、またこうやって会える機会を作っていきたいと思うので、引き続き赤西仁をよろしくお願いします。じゃあね!」と手を振り、オーディエンスに別れを惜しまれながらステージを去っていった。

赤西仁「JIN AKANISHI "JINDEPENDENCE" TOUR 2018」2018年5月24日 Zepp Tokyo セットリスト

01. We The Party
02. Miss California
03. Eat Ya Heart Out
04. Good or Bad
05. Feel
06. Let Me Talk To U
07. Care
08. アイナルホウエ
09. Summer Kinda Love
10. Lucky
11. Candy Flava Girl(仮)
12. Feelin'(仮)
13. Mrs. Right
14. Baby
15. Thoughts
16. ムラサキ
17. Mi Amor
18. Dayum
19. Fill Me Up
20. Summer Loving

音楽ナタリーをフォロー