音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

名古屋のヒーロー04 Limited Sazabysが作り上げた3年目の「YON FES」終幕

6428

「YON FES 2018」2日目公演終了後の記念写真。(Photo by Viola Kam[V'z Twinkle])

「YON FES 2018」2日目公演終了後の記念写真。(Photo by Viola Kam[V'z Twinkle])

04 Limited Sazabys主催のライブイベント「YON FES 2018」が4月7、8日に愛知県の愛・地球博記念公園(モリコロパーク)で開催された。この記事では昨日行われた2日目の模様をレポートする。

後輩バンドが多く出演した前日に対し、HEY-SMITHマキシマム ザ ホルモンといった先輩バンドが名を連ねた2日目。唯一楽器を持たないBiSHが出演するなど、バラエティ豊かなラインナップが集まった。

フォーリミの2日目の開会宣言のあと、SKY STAGEのトップを飾ったのは2年連続出演となるフレデリック。盤石の演奏によって「オンリーワンダー」で会場を揺らすと、三原健司(Vo, G)は「1日目は特別な1日になったと聞きました。2日目は格別な1日にしませんか?」と呼びかける。また昨年のLAND STAGEから格上げとなったことついて、1年間の成長を実感していると言及。「去年はGENちゃんの大好きな『峠の幽霊』をやったけど、今年は自分たちにとって最高の曲ができたからフォーリミに聴かせたい」という前置きから、4人はメロウな「たりないeye」をじっくりと届けた。LAND STAGEの1番手・DATSは小気味いいリズムの「Netflicks」でライブを開始し、心地よいサウンドでモリコロパークを満たしていく。杉本亘(Vo)は「『YON FES』で思い出を作って帰りたい。皆さん、俺たちと一緒にバイブス上げませんか?」と語りかけ、オーディエンスの手拍子をリアルタイムで録音しループを作成。さらに客席から1人をステージに上げてタムを叩かせ、共にセッションしてアットホームな空気感を作り上げた。

「俺たちには“いい感じに盛り上げるということができません。100か0か、やるかやられるか」と言い、重厚なサウンドをモリコロパークに叩き込んだのはCrossfaith。彼らはファンをPA卓を囲むようにサークルモッシュさせた「Jagerbomb」やダンサブルな「Omen」、ウォールオブデスが発生した「Countdown To Hell」などを次々と届け、観客は激しく暴れ回った。またMCではKoie(Vo)が本フェスについて「俺たち同世代のバンドにとってめちゃくちゃ大事な場所だ」と思いを語った。続くフレンズは一転、朗らかなナンバーで会場をハッピーな空気で包む。「Hello New Me!」ではゲストギタリストとしてフォーリミのHIROKAZ(G)とRYU-TA(G, Cho)が登場し、楽しげな演奏で同曲を彩った。また「Love,ya!」の演奏前にはおかもとえみ(Vo)の提案で「フォーリミ、マジ感謝なんですけど」というコール&レスポンスも飛び出し、会場は和やかなムードに包まれた。

3年連続出演のMy Hair is Badは椎木知仁(G, Vo)の「『YON FES』皆勤賞ー!!」 という叫びから、「アフターアワー」「熱狂を終え」「告白」といったナンバーを疾走感のあるサウンドでプレイ。椎木が「この曲、オガリュウさんが好きらしいんだよ! あの人絶対何かあったよね!」と笑った「元彼氏として」で彼は、さらに「04 Limited Sazabysに3回も呼ばれちゃうしね!」とうれしそうな表情を浮かべる。終盤の「フロムナウオン」では一転、情感たっぷりに“ロックバンド”への考えを語り観客を惹き付けた椎木は、「フォーリミと付き合うようになって、俺めっちゃ考え方が変わりました。これからも楯突いてでも、いろいろ教えてもらおうと思います」とフォーリミへの思いを述べた。初出演のCOUNTRY YARDは「Don't Worry, We Can Recover」でタイトなドラミングに乗せた雄大な歌声を会場いっぱいに広げる。「I'll Be With You」「Seven Years Made My Now」と楽曲が連投されると次第に客席も熱を帯びていった。Keisaku “Sit” Matsu-ura(Vo, B)はGEN(B, Vo / 04 Limited Sazabys)から電話で「YON FES」のオファーをもらったことを喜び、「誇りを持って作った大好きな曲を鳴らして、音で『初めまして』したいです」と初見のオーディエンスに呼びかける。キラーチューン「Starry Night」からつなげたラストナンバー「In Your Room」ではシンガロングが沸き起こり、ダイバーが続出していた。

GENからの直筆の置き手紙に言及し「(手紙に書いてある)『モリコロパークを壊さないで下さい』の意味、わかるよね?」とオーディエンスを焚き付けたのはマキシマム ザ ホルモン。彼らは「恋のメガラバ」で観客を踊らせた後、「『F』」「皆殺しのメロディ」といったヘビーなナンバーを連投していく。一方で、曲間にはGENからの手紙に「時間は押さないで下さい」との要望が書いてあったことや、本フェスのラインナップについて軽妙なトークを展開し、会場内を笑いに包んだ。なお彼らは「絶対に押してやる!」と意気込んでいたものの、実際は見事に持ち時間以内にライブを終え、その後フォーリミのMCでGENも「絶対に押すと思っていたホルモンが押さなかった!」と冗談交じりに語っていた。続いてLAND STAGEに登場したBiSHはパンキッシュなサウンドに乗せ、激しいパフォーマンスで観客を魅了する。またラストナンバーとして披露された「BiSH-星が瞬く夜に」では途中からフォーリミのRYU-TAが登場。彼はBiSHメンバーと共に完璧なダンスを見せ、フォーリミファンはもちろん、清掃員(BiSHファンの呼称)からも喝采を浴びた。

HEY-SMITHは「Dandadan」「2nd Youth」で観客を大いに踊らせ、さらにKNUCKLES「Radio」のカバーで陽気なサウンドを会場いっぱいに響かせる。前日に台湾でライブを行い、その足でモリコロパークに駆け付けたと語った猪狩秀平(G, Vo)は「『YON FES』に出たかったし、お前に会いたかったからやー!」と声を上げる。また「フォーリミとはちっちゃいライブハウスで対バンしててさ。数年後にこんなとこでやれて、マジバンドって夢あるぜー! お前らもさ、悔しい思いのすぐ近くに希望とか夢があるから絶対に見逃したらあかんでー!」と呼びかけた。「True Yourself」と「Come back my dog」ではKoie(Crossfaith)が乱入してシャウトするなど、彼らは遊び心満載のステージで最後までオーディエンスを楽しませた。LAND STAGEのトリを務めたのは、2年ぶり2度目の出演となったENTH。daipon(Vo, B)は「去年呼ばれなかったんですよ、俺たち。1年目のライブがダメだったんかなと思ったけど……なんと今年はトリを務めさせていただきます!」と喜びを爆発させる。さらに「ここまでの全バンドのバトンをって言うと持ちきれないから、たくさんENTHの音楽を浴びさせられたら」と述べ、3人はめまぐるしい展開の「Bong! Cafe’ au lait! Acoustic guitar!」でダイバーを続出させ、「NO FATE」を伸びやかに響かせた。最後にバンドは観客と共に声を合わせて「ムーンレイカー」を歌い、フォーリミへバトンを渡した。

そして大トリを務める、主催者の04 Limited Sazabysは「fiction」「knife」「escape」とアグレッシブなナンバーから始まる攻めたセットリストで気迫を見せつける。かと思えば跳ねたリズムに乗せた「Chicken race」「labyrinth」ではRYU-TAとKOUHEIがカメラに向かっておどけていた。またGENの提案で、初めてHIROKAZが次曲の曲紹介をする場面もあり、4人は楽しげにライブを進行した。MCではGENが「2日間ヤバかったね! めちゃくちゃいいフェスっすね!」とうれしそうに声を上げる。また「milk」の演奏前には「今日は愛をたくさんもらいました。愛で満腹!」と笑顔を見せた。

終盤、GENは本フェスについて「大切なことを思い出させてくれる場所だなと思いました。ここがあれば、このイベントがあり続ければ、きっと僕たちは大事なものを何度見失いそうになってもちゃんと戻って来れるし、いつだって確かめ合える。そんな場所だなと思いました」と噛みしめるように口にする。また「自分は何になりたいんだろう?ってよく考えるんですけど、僕たちは名古屋のみんなにとってバンドを始めたくてしょうがなくなるようなヒーローになりたいです。普通の兄ちゃんの僕たちが、楽器を持ってバンドを始めて、いろんな人と出会ったらこんなことができるっていう夢を見せられる、ヒーローになりたいんですよ」と続け、「なれてる?」とファンに問いかける。すると会場からは賛同の拍手や歓声が沸き上がる。それをうれしそうに受け止めた彼は「そんな場所を皆さんと守っていきたいと思っています。ヒーローは何度だって現れるからね」と言い、バンドは最新曲「My HERO」をプレイした。そしてGENが「名古屋のヒーロー、 04 Limited Sazabysでした!」と声を上げて、彼らは「monolith」で本編を終えた。

アンコールでも「最高!」「最高以外の言葉が見つからない」と興奮を隠しきれないメンバー。「みんなのいい顔にパワーをもらいました」と改めてファンへの感謝の思いを述べると「Squall」、名古屋について歌ったショートチューン「758」を披露。最後に「また来年も遊びましょう!」と約束して2日間にわたる「YON FES 2018」の幕を下ろした。

音楽ナタリーでは終演後のメンバーに感想を聞いた。GENが「今年のラインナップは面白いって言うか、ありえない組み合わせだったので、どうなるかなって思ってたんですけど、全バンドもちろん僕は楽しかったし、お客さんの楽しんでる顔もいっぱい見えたのでやってよかったです」と言うと、HIROKAZも「両日共、出てくれたバンドに楽しんでもらえてた感じがした」と頷く。BiSHのステージで彼女たちとパフォーマンスを共にしたRYU-TAは「BiSHは楽器を使わずダンスで勝負してるんで、俺もそこで勝負しようと」と強い意気込みを持っていたことを笑顔で語った。自分たちのライブについてはKOUHEIが「悔しい部分もあったんですけど、自分たちに自信が付いたからこそのライブだったかなと」と振り返った。またGENは「名古屋の人たちが『よかった!』『続けてほしい』と言ってくれるので、来年もやりたい気持ちでいっぱいです」と展望を明かした。

なお「YON FES 2018」の2日間の模様が6月にBSフジにてオンエアされることが決定している。

終演後メンバーコメント

GEN(B, Vo)

めちゃくちゃ楽しかったです! 本当にいいフェスだなって思いました。今年のラインナップは面白いって言うか、ありえない組み合わせだったので、どうなるかなって思ってたんですけど、全バンドもちろん僕は楽しかったし、お客さんの楽しんでる顔もいっぱい見えたのでやってよかったです。名古屋の人たちが「よかった!」「続けてほしい」と言ってくれるので、来年もやりたい気持ちでいっぱいです。続けていきたいです。

HIROKAZ(G)

両日共、出てくれたバンドに楽しんでもらえてた感じがした。みんな最後まで残っててくれたし、ほどよくお酒も飲んで楽しい感じで終われてよかったです。

RYU-TA(G, Cho)

「YON FES、いいフェス!」ですね。バンドマンもスタッフもお客さんもみんなが笑顔で、しっかり遊んでくれてるのを感じました。(共演した)BiSHは楽器を使わずダンスで勝負してるんで、俺もそこで勝負しようと。楽しかったです。

KOUHEI(Dr, Cho)

2日間を終えて、まずはホッとしましたね。1年越しにやるので「YON FES」は自分たちの成長を一番感じられる場所だなと思いました。1年目は初々しさが残るようなライブで、2年目は「ここからスタートだぞ!」っていうライブで、3年目は変に落ち着いちゃって悔しい部分もあったんですけど、自分たちに自信が付いたからこそのライブだったかなと。「やったるぜ」って思わせてくれるようなバトンが回ってきました。

BSフジ「YON FES 2018」特別番組

YON FES 2018 DAY1

2018年6月16日(土)25:00~25:55

YON FES 2018 DAY2

2018年6月23日(土)25:00~25:55

※Jagerbombはaにウムラウトマーク付きが正式表記。

音楽ナタリーをフォロー