音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

フォーリミ主催、3年目の「YON FES」開幕!後輩のライブで思い出した“大切なこと”

4943

04 Limited Sazabys(撮影:ヤオタケシ)

04 Limited Sazabys(撮影:ヤオタケシ)

04 Limited Sazabys主催のライブイベント「YON FES 2018」が4月7、8日に愛知県の愛・地球博記念公園(モリコロパーク)で開催中。この記事では1日目の様子をレポートする。

「YON FES」はSKY STAGEとLAND STAGEの2ステージ制で開催。3年目の今年は2ステージ間の一方通行が廃止されたり、「郭 政良 味仙」「名古屋今池 やぶ屋」といった名古屋の名店が並ぶご当地フードエリアが新設されたりと、工夫を凝らしたバージョンアップが見られた。なお1日目はDizzy SunfistSIX LOUNGEtetoyonigeというフォーリミより下の世代であり、本フェスに初出演のバンドが多く集められたラインナップとなった。

雨予報は外れたものの、寒々とした曇り空からスタートしたこの日。フォーリミメンバーによる挨拶と注意事項のアナウンスのあと、SKY STAGEにはトップバッターとしてgo!go!vanillasが登場した。彼らは朝の挨拶をタイトルに冠した「おはようカルチャー」で、朝一のステージの幕をさわやかに開ける。さらにGEN(B, Vo / 04 Limited Sazabys)の大好きな曲だという「スーパーワーカー」や新曲「SUMMER BREEZE」などを軽やかに届け、牧歌的なサウンドと盛大なシンガロングをさっそく会場内に響かせた。LAND STAGEの1番手・Dizzy Sunfistは「誰が一番笑顔で帰れるか勝負しようぜー!」というあやぺた(Vo, G)の言葉の後、「Life Is A Suspense」「Summer Never Ends」といったパンキッシュなナンバーを連投。また彼女は「フォーリミがたくさんの夢を叶えてる姿を見て、うちらも勇気をもらった」と付き合いの長いフォーリミへ賛美の言葉を贈った。

「YON FES」皆勤賞のSHANKは「Cigar Store」「Life is...」といったナンバーを次々と投下していく。「寒いですか? あったまって帰ってくださいね」という庵原将平(Vo, B)の言葉から疾走感あふれる「Set the fire」が届けられるとダイバーが続出。ライブ後半、庵原は袖にいるフォーリミメンバーに「3年も大切な場所に呼んでくれてありがとう」と感謝の気持ちを伝え、バンドは「全然関係ないけどフォーリミに贈るわ」と「Departure」をストレートに叩き込んだ。初出演となったSIX LOUNGEのヤマグチユウモリ(G, Vo)は、フォーリミについて「ちゃんとライブハウスで対バンしたことはないけど、こういう場所に呼んでくれるということは“そういうこと”なんだろうなと思って、最後まで胸を張って演ります!」と思いを語り「『YON FES』と04 Limited Sazabysに愛を込めて」と、温かくもエモーショナルな「メリールー」を届ける。さらに彼が「俺たちここに何しに来たと思う!? ロックンロールだぜー!」と叫んだ後、3人は観客の拳が上がる中「トラッシュ」を軽快に演奏した。

フォーリミの「Squall」をSEにSKY STAGEに登場したのはキュウソネコカミ。彼らは定位置につき楽器を手にすると改めてイントロから「Squall」のカバーを披露して観客を喜ばせた。ヤマサキセイヤ(Vo, G)は「ギラギラおじさん」ではゴールドの衣装に身を包んで歌唱し、「TOSHI-LOWさん」ではBRAHMANのTOSHI-LOW(Vo)さながらフロアに進んだりといったユーモアあふれるパフォーマンスを展開する。終盤にはヨコタシンノスケ(Key, Vo)が、キュウソが「YON FES」3年連続出演となることに言及し「フォーリミがこんな素敵なイベントを続けてくれることを誇りに思います。来年も呼んでくれたら絶対出ます!」と約束。バンドは最後に最新曲「The band」を届けてステージをあとにした。tetoは小池貞利(Vo, G)がシャウトしたり早口でまくしたてたりと、衝動的なライブを展開。フォーリミとの出会いを語った後に届けられたゆったりとした「忘れた」では切なげに歌唱するなど、終始、感情を吐き出すかのようなアクトを見せた。

冷え冷えとしたモリコロパークに“夏”を持ち込んだのはORANGE RANGE。沖縄在住の彼らは「沖縄のテンションぶつけちゃいますよ!」「こっからは寒いって言葉は禁句。夏やっちゃいますよ!」と「上海ハニー」「Special Summer Sale」といったサマーチューンを連発。曲中にはオーディエンスと共にカチャーシーを踊るなど、寒さを吹き飛ばすようなパフォーマンスを展開していった。さらに一瞬だけ太陽がのぞいた「イケナイ太陽」ではGENがゲストとして呼び込まれ、共に熱い歌声を響かせていた。「さよならプリズナー」で始まったLAND STAGEのyonigeのライブは、アクトが進むにつれて晴れ間が広がる状態に。SKY STAGEのほうまであふれる大勢の観客が見守る中、ごっきん(B, Cho)は「『YON FES』3年目にしてお呼ばれしてもうたぞー! 女にはやらねばならんときがある!」と初出演の喜びを爆発させた。牛丸ありさ(Vo, G)の情感あふれる歌声が響いた「アボカド」の演奏後、ステージが温かな日差しで照らされると「青空似合わねえ!」とごっきんが笑う。バンドは最後に緩急を付けたアンサンブルで「さよならアイデンティティー」を届けてステージを降りた。

THE ORAL CIGARETTESは、山中拓也(Vo, G)の言葉に合わせてファンが手拍子を行う口上で「マジでフォーリミありがとうの4本」と4回の手拍子を煽ってライブをスタートさせる。1曲目「狂乱 Hey Kids!!」から「しょっぱなから飛ばすぞ!」との山中の言葉を受けて鈴木重伸(G)がしゃがみこんでギターソロを奏で、普段あまりライブで演奏することがないという春を歌った「通り過ぎた季節の空で」では山中がしっとりと歌い上げるなど、緩急付けたパフォーマンスで場内のテンションを引き上げていく。「BLACK MEMORY」では山中が「フォーリミと出会えてマジでよかったと思います!」と主催者への愛を叫んでいた。LAND STAGEのトリを務めた四星球はフォーリミの楽曲「swim」のオマージュとして「swimたいやきくん」なるオリジナル曲を演奏してみせる。さらに自身の出番の次がフォーリミであることに言及して「受け取ったこのバトンをフォーリミに渡すつもりはございません。皆様に渡しますので、皆さんがフォーリミに渡してください」と言うと、ラストナンバー「Mr.Cosmo」を演奏しながらメンバーがステージから降り、ファンと共にSKY STAGEへ大移動を行ってフォーリミへとつないだ。

トリを務めるフォーリミは、GENの「今年もこの場所に帰ってきました! まだいけますか? まだ遊べますか?」という言葉からみずみずしいサウンドでライブを開始。彼が「皆さんのテンションを次の段階に連れて行きたい!」と話したポップパンクナンバー「Warp」では、HIROKAZ(G)とRYU-TA(G, Cho)もステージ前方に飛び出してオーディエンスを煽り、キラーチューン「swim」へとつなげた。MCでGENは、強力なバンドばかりを集めたというこの日のラインナップに触れ「でもリハーサルをやったとき、今日のこのセトリだったら大丈夫だと思った。俺たちの曲っていいなあと再確認したし、大事なものを思い出しちゃった! みんなにも思い出してもらっていいですか?」と呼びかけ、ショートチューン「Remember」へ。勢い付いた4人は切れ味の鋭いギターサウンドの「fiction」やGENの艶やかなボーカルが魅力の「mahoroba」を畳み掛けて観客を揺らした。

KOUHEI(Dr, Cho)の疾走感あふれるドラミングに乗せ、GENの伸びやかな歌声が響く「midnight cruising」では、RYU-TAが「『YON FES』やっぱ最高だな!」と幸せそうに発言。「寒いけど、皆さんの心の体温を徐々に上げていきたいと思います」というGENの言葉から届けられた「hello」では、4人の紡ぐやわらかなアンサンブルがモリコロパークいっぱいに広がった。終盤、GENは改めて観客や出演者、ライブ制作に関わった関係者に感謝。さらに後輩バンドを多く集めたこの日のラインナップに触れ「後輩のライブを観てて、すごい焚き付けられる気持ちがあって。僕たちも成長して大人になるにあたって、手に入れたものを失いたくなくて“妥協ポイント”みたいなものを見つけるのが少しずつうまくなってきてるんじゃないかなと思ってきて。でもこの『YON FES』に関しては1つひとつ、全部にこだわりを持ってやっていて。わがままを言って、“好き”をこだわり続けて形になった1日が今日です。なので、『これでいいんだ』という妥協のような気持ちがあったらどんどんなくしていかなきゃなと思いました。今日は大切なことを思い出させてくれた皆さん本当にありがとうございます」と言葉を重ねた。

さらにGENは「この場所は大切なことを思い出させてくれる場所なのかなあって。僕たちがブレそうになったら皆さんにも教えてほしいし、お互いにまた確かめあって、毎年ここに帰ってきて遊べたらいいなと思います」とオーディエンスに思いを伝える。本編の最後にバンドは、昔から歌ってきた大切な歌だという「Buster call」を熱く演奏した。観客の大きなアンコールの声を受けて再登場すると、GENは「すげえ出たくなるアンコールありがとう!」と笑顔を見せ、「再会を約束して『Terminal』という曲を聴いてください」と呼びかける。同曲の演奏中にはバニラズ、オーラル、キュウソらこの日の出演バンドのメンバーがステージにサプライズ登場。ハッピーな空気感が会場を満たす中、「YON FES」1日目は幕を閉じた。

音楽ナタリーをフォロー