音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

B'z松本孝弘モデルのGibsonレスポール初号機、最新スペックで復刻

1677

松本孝弘(B'z)

松本孝弘(B'z)

松本孝弘(B'z)のシグネチャーモデル「Gibson Custom Tak Matsumoto Les Paul Standard Canary Yellow 2018」が150本限定で発売される。

これはB'zのデビュー30周年および4月1日に東京・有楽町インフォスでスタートする展覧会「B'z 30th Year Exhibition "SCENES" 1988-2018」の開催を記念したもの。このモデルはGibsonの松本シグネチャーモデル第1号として1999年に発表されたギターのリイシュー版で、今回発売が決定したモデルはキャナリーイエローのカラーリングが映えるルックスを再現しつつ、トーン、プレイアビリティを一新した製品だ。

松本は新モデルについて「約20年の時を経てキャナリーイエローが再び登場です。"LIVE DINOSAUR" Tourではプロトタイプを使いましたが、ホローボディで軽量化し、ネックもタイトになりました。ヘヴィなサウンドからクリーントーンまで多種多様なプレイスタイルに対応出来るでしょう。 僕のシグネチャーモデル第1号機がB'zの30周年、Exhibition開催を記念してリイシューされることを僕自身も大変嬉しく思います」とコメント。新モデルでは、ネックにデジタルスキャナーでデータ化した本人所有の1959年製Les Paulの形状が採用されているほか、ボディバックのマホガニーに空洞を設けるチェンバード構造を取り入れることで軽量化が図られている。またハイエンドブランドGibson Customの最新スペックが採用されており、鳴り、レスポンス、サスティーンが向上されている。

発売時期は6月を予定。本モデルには専用ハードケース、本人による直筆サイン入り認定書が付属する。メーカー希望小売価格は67万8000円。

「Gibson Custom Tak Matsumoto Les Paul Standard Canary Yellow 2018」スペック

・ボディ:メイプルトップ / マホガニーバック(チェンバード)
・ネック:マホガニー Tak Matsumoto 1959 Les Paul プロファイル
・指板:インディアンローズウッド
・フレット:22
・ピックアップ:カスタムバッカー×2
・コントロール:ボリューム×2、トーン×2、3ウェイピックアップセレクター
・フィニッシュ:キャナリーイエロートップ、ブラウンバック
・付属品:専用ハードケース、直筆サイン入り認定書

音楽ナタリーをフォロー