音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

EBiSSH、渋谷ワンマンで新曲続々!「2018年いいスタート切れた」新作発売も決定

1285

EBiSSH(写真提供:SDR)

EBiSSH(写真提供:SDR)

EBiSSHが昨日3月17日に東京・WWW Xにてワンマンライブツアー「Let's EBiSSH!~START 2018~」の東京公演を実施した。

「Let's EBiSSH!~START 2018~」はグループにとって初の5都市ツアー。セミファイナルとなったこの日の東京公演には満員のBAEBAE(EBiSSHファンの呼称)が集まり、4人に熱い声援を送った。

開演時刻を迎えると、EBiSSHは「Just Like Me」で勢いよくライブの幕を切って落とす。スウィートなラブソング「キミでいっぱい」でファンを魅了すると、最初のMCへ。リーダーのNAOYAは「みんな気合い入ってるか!」と思い切り叫び、「これまでのどの会場も声援がすごかったから、東京のBAEBAEも負けないでよ!」と観客を熱く盛り上げる。またグループのテーマカラー・赤色のペンライトの光に染まったフロアを見つめたTETTAは「太陽みたい。情熱が伝わってくる!」とうれしそうにBAEBAEに語りかけた。

ここで彼らはこの日が初披露となる新曲「CHANCE」を用意。「CHANCE」は軽快なファンクチューンで、4人はリズミカルに身体を揺らしながらステップを踏む。NAOYAとKOHKIのラップパートではボーカルのTETTAとREIがペアダンスを踊り、ファンは4人の息の合ったパフォーマンスに大きな歓声を飛ばした。TETTAによる「EBiSSH!」のコール&レスポンスから始まった「KIMI GA SUKI」では、4人の手振りに合わせてフロアのペンライトが左右に揺れる。無邪気に笑い合いながらこの曲を届けるメンバーの姿に会場は朗らかなムードに包まれ、曲の最後にNAOYAが「俺のこと、好き?」と決めゼリフを放つとBAEBAEは「大好き!」と大きなコールを返した。

MCでは、パフォーマンスと同様に4人の仲睦まじさが存分に発揮される場面も。ツアーを振り返った彼らは印象深かった出来事に「2日連続でライブをしたその日に、朝までレジャー施設で遊んだこと」を挙げ、BAEBAEを驚かせる。早朝までビリヤードで盛り上がったといい、NAOYAは「もう、ホントにバカだよね」と楽しそうにファンへ語りかけていた。

中盤にはそれまでのにぎやかな雰囲気をがらりと変えるように、ボーカル2人のソロパフォーマンスパートが用意された。先にステージに立ったTETTAは「切ないバラードを歌わせていただきます。僕の恋人になった気持ちで聴いてくれたらうれしいです」とBAEBAEに語りかけ、上田正樹「悲しい色やね」を披露。優しいハスキーボイスで、情感を込めた歌を響かせる。続くREIはSMAP「夜空ノムコウ」をカバー。ミラーボールの無数の光の粒に照らされる中で、しっとりとこの曲を歌い上げてみせた。ステージに戻ったNAOYAは「ツアーを通して、2人とも自分の色が出せるようになったね」とボーカルの2人に語りかける。この言葉を聞いたREIは「自分は皆さんに感謝を伝えることを兼ねてステージに立っていると思うから、こうして歌わせてもらえるのがうれしいです」と感慨深げに語っていた。

4人の振付指導を経て届けられた新曲「エビパレ」で、ライブは佳境へ。サビのキャッチーなダンスで会場が1つになると、NAOYAは「まだまだ盛り上がっていきますよ!」とファンを煽って自己紹介ソング「Let's EBiSSH!」へとつなげ、会場の熱を一層引き上げていった。ラストナンバーの「今日は家に帰らないで」まで駆け抜けると、NAOYAは「最高の東京公演ができました!」とひと言。KOHKIも「東京最高!」と笑顔で叫び、ステージをあとにした。

BAEBAEの大きな声援を受けてアンコールが始まると、4人はここでも新曲2曲をパフォーマンスしてファンの驚きを誘う。そのうちの1曲「HI・KA・RI~君となら~」はさわやかなミドルチューンで、NAOYAは「僕はサビの『君だけを今見つめてるから』という歌詞が好きで。僕たちずっとBAEBAEを見つめ続けるので、BAEBAEもずっと僕らを見つめていてください」と歌詞と自身の思いを重ねる。この日が初披露となったもう1つの新曲「僕ら見つめるモノ」はサビでメンバー全員が声を重ねる、4人の“歌”をフィーチャーした楽曲。最後にまっすぐな歌声をファンへ届けると、NAOYAは「このツアーを通して、2018年いいスタートが切れたんじゃないかなと思います。僕ら止まらず、この勢いのままで突っ走っていきます!」と力強く誓った。

なお、アンコールではEBiSSHの3rdシングルが夏にリリースされることがメンバーの口から発表された。詳細は追ってアナウンスされるので、BAEBAEは続報も楽しみにしておこう。

EBiSSH 終演後コメント

NAOYA

大きい会場でライブができると自分たちの気持ちも上がるので、今日のライブでは「もっと大きなところでやりたい」という気持ちが膨らみました。2017年はデビューした年でBAEBAEに助けられていたので、2018年は僕らが引っ張っていきたい。今回のツアーでいいスタートが切れたし次のシングルも決まったので、もっともっとみんなを力強く導いていきたいです。

REI

僕たちの強みの1つはそれぞれ個性が違うこと。今年は演技などでも1人ひとりの幅を広げながら、EBiSSHの活動も大きくできたらなと思っています!

TETTA

今日のライブでは、BAEBAEのことを見て安心できた部分がありました。2018年、僕はもっと歌を磨いていきたいです。そしてEBiSSH1人ひとりがもっとファンの方に応援してもらえる人になって、もっと大きなグループになっていきたいです。

KOHKI

まだまだこなしている回数が少ないのでもっと練習をがんばって、もっと大きいステージが似合う自分たちになりたいです。パフォーマンス力の向上のためにこれからも努力を惜しまず、がんばっていきたいと思います。

音楽ナタリーをフォロー