音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

ウチらのサクセスストーリーはこれから!ベッド・イン流「TOKYO」あふれるツアー姦走

520

ベッド・イン「ベッド・イン TOUR 2018 祝!“TOKYO”発射記念ツアー ~サクセス・ストーリーは突然に…~」ファイナル公演の様子。(撮影:ほりたよしか)

ベッド・イン「ベッド・イン TOUR 2018 祝!“TOKYO”発射記念ツアー ~サクセス・ストーリーは突然に…~」ファイナル公演の様子。(撮影:ほりたよしか)

2月18日に東京・Zepp DiverCity TOKYOでベッド・インのワンマンツアー「ベッド・イン TOUR 2018 祝!“TOKYO”発射記念ツアー ~サクセス・ストーリーは突然に…~」のファイナル公演が行われた。

昨年12月にリリースされた2ndアルバム「TOKYO」を引っさげ、1月から全国で10公演のワンマンツアーを行ったベッド・インとバックバンドのパートタイムラバーズ。ファイナル公演では多くの性徒諸クン(ベッド・インのファンの総称)が集まり、フロアを色とりどりのジュリ扇で彩った。

この日のライブはアルバム「TOKYO」のオープニングを飾る「Kiss Me Kiss Me」でスタート。ベッド・インとパートタイムラバーズのほか、バックダンサーのベッドメイキングガールズも序盤から登場し、楽曲のきらびやかな世界観を演出していった。「シティガールは忙しい」披露後、中尊寺まい(Vo, G)と益子寺かおり(Vo)はおなじみ“バブルジョーク”でフロアを沸かせつつ、ベッド・インのおギグバージンの来場者たちを「下半身の東京タワーおっ勃ってますねー!」「見えてるよー! サンクスモニカー!」と温かく迎えた。

アルバム収録ナンバー「女豹 -PANTHER-」「Conscious ~闘う女たち~」のパフォーマンス、ワンマン恒例のスペネット北岡&ハムちゃんによる物販紹介の後、ライブはソロコーナーへと突入。かおりは「Snow Magic」で真っ白なドレスに身を包み、ノスタルジックなムードあふれる歌声で会場を包み込んでいった。対してまいはライダースーツふうの衣装で「燃えさせてよ」を披露。終盤では吉川晃司よろしく“シンバルキック”を行い、「シャバいよ……!」と決めゼリフを口にすると、性徒諸クンの熱い歓声がフロアに飛び交った。パートタイムラバーズは新潟での雪道スタック事件など、ツアー中のエピソードを振り返りつつ、今回はCOMPLEX「恋をとめないで」をカバー。サビでは全員でコーラスを展開し、色気漂うパフォーマンスでオーディエンスを魅了した。

さらに今回の公演ではソロのほか、まいとかおりによるチャレンジコーナーも行われた。小田和正「ラブ・ストーリーは突然に」を“ロイクーなサオ”ことリコーダーで二重奏するというこのコーナー。2人はリコーダー演奏を通じて、まいとかおり、そして2人と性徒諸クンたちの心をひとつにすることこそが“サクセスストーリー”を築く上での重要な試練だと語った。まいとかおりは「性徒諸クン、ウチらに“おマンパワー”を送ってチョンマゲ……!」と言い、静寂の中、意を決してリコーダー演奏を開始。途中音がかすれてしまうスリリングな場面もありつつも、サビの高音部分も上手に吹き切った。この演奏の成功・失敗のジャッジはパートタイムラバーズのポリネシアン・キヨII世(G)が担当。このコーナーはツアー中に全会場で行われたが、成功したのは岡山公演のみとなっていた。会場に緊張が走る中、キヨ様は「ひょうきん懺悔室」のワンシーンのように両手で丸のジェスチャーをし、成功と判定。“マル金パパ”であるスペネット北岡からは“日本淫行”の文字が書かれた1億円ふうパネルのごほうびも振る舞われ、まいとかおりはサクセスを見事手に入れたのだった。このおめでたい雰囲気を表現するように、「ジュリ扇ハレルヤ」ではフロアが一体となって“ジュリ扇ダンス“を展開。そして彼女たちは「GOLDの快感」「C調び~なす!」といったアッパーなナンバーで終盤を彩り、本編を締めくくった。

熱い声援に応えて行われた“マンコール”では、まずはまいとかおりが今回のツアーを回想。いよいよ終わりを迎えるツアーへの名残惜しさを涙ながらに告白し、その思いをバラード「離れていても…」で表していった。会場が感動に包まれる中、まいとかおりは「こんな湿っぽい空気で終われるかよー!!」「ウソ泣きでした、メンゴメンゴー!」 と、しんみりした空気を一喝し「SEXY HERO」、「男はアイツだけじゃない」で再びフロアをヒートアップさせた。“How Many いい顔”で記念撮影を行った後、2人は日本武道館公演、「NHK紅白歌合戦」出演など新たなサクセスストーリーに向けての野望を宣言し、チャレンジコーナーでゲットしたごほうびの使い道として、夏のツアーを行うことも発表。テンションが上がるあまり、かおりがまいに膝十字固めを決めるシーンもあった「♂×♀×ポーカーゲーム」を最後に届け、今回のツアーは“膜”を閉じた。

ベッド・インはおギグツアー「ウチらの夏物語~Season2~」を6月から開催。また3月21日には東京・新宿BLAZEでcali≠gariとのツーマンおギグ「ワンナイトでちゃう?」を行う。

ベッド・イン「ベッド・イン TOUR 2018 祝!“TOKYO”発射記念ツアー ~サクセス・ストーリーは突然に…~」2018年2月18日 Zepp DiverCity TOKYO セットリスト

01. Kiss Me Kiss Me
02. CO・CO・RO グラデーション
03. シティガールは忙しい
04. 女豹 -PANTHER-
05. 馬鹿みたい。
06. Conscious ~闘う女たち~
07. Snow Magic(益子寺かおりソロ)
08. 燃えさせてよ(中尊寺まいソロ)
09. 恋をとめないで(パートタイムラバーズ / オリジナル:COMPLEX)
10. ジュリ扇ハレルヤ
11. GO TO HELL...!
12. 劇場の恋
13. GOLDの快感
14. C調び~なす!
<マンコール>
15. 離れていても…
16. SEXY HERO
17. 男はアイツだけじゃない
18. ♂×♀×ポーカーゲーム

ベッド・イン「ウチらの夏物語~Season2~」

2018年6月30日(土)沖縄県 桜坂セントラル
2018年7月14日(土)東京都 新宿ReNY
2018年7月18日(水)大阪府 OSAKA MUSE
2018年7月19日(木)愛知県 ell.FITS ALL

cali≠gari VS ベッド・イン「ワンナイトでちゃう?」

2018年3月21日(水・祝)東京都 新宿BLAZE
<出演者>
ベッド・イン / cali≠gari

音楽ナタリーをフォロー