音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

渡辺淳之介の葬儀にWACKファミリー参列

1197

beat mints boyz「スパーク」ミュージックビデオのワンシーン。

beat mints boyz「スパーク」ミュージックビデオのワンシーン。

12月6日にオムニバスアルバム「WACK & SCRAMBLES WORKS」がリリース。本作より、渡辺淳之介と松隈ケンタからなるユニット・beat mints boyzが歌う「スパーク」のミュージックビデオがYouTubeで公開された。

「WACK & SCRAMBLES WORKS」はBiSHBiSGANG PARADEEMPiREのマネジメントを行うWACKと、WACK所属アーティストらの楽曲制作を手がける松隈ケンタ率いるSCRAMBLESの設立3周年を記念して発売されるオムニバス盤。4グループからシャッフルされたメンバーによるカバーを中心に全10曲が収められる。

MVが公開された「スパーク」はBiSH初のオリジナル楽曲として2015年3月に発表されたナンバー。発表当時、WACKの代表である渡辺が歌唱するバージョンが無料配信されたことでも話題を呼んだ。MVは渡辺の葬儀会場を舞台とした映像作品となっており、BiSH、BiS、GANG PARADEに加えてMV初出演となるEMPiREのメンバーも登場している。監督は12月9日から公開となるBiSHのドキュメンタリー映画「ALL YOU NEED is PUNK and LOVE」を手がけたエリザベス宮地が担当した。

なお「WACK & SCRAMBLES WORKS」はCDの発売に先駆けて、iTunes Storeで11月27日に配信リリースされる。

※記事初出時、キャプションに誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

音楽ナタリーをフォロー