音楽ナタリー - 新曲リリース・ライブ情報などの音楽ニュースを毎日配信

リリー・フランキー主演作をセカオワFukase、銀杏峯田、チーナ椎名らが絶賛

576

映画「パーフェクト・レボリューション」のワンシーン。

映画「パーフェクト・レボリューション」のワンシーン。

リリー・フランキーが主演を務め、清野菜名がヒロインを演じる映画「パーフェクト・レボリューション」が9月29日に全国公開される。この映画を観たSEKAI NO OWARIのFukase、銀杏BOYZ峯田和伸チーナの椎名杏子らのコメントが公開された。

実話にもとづいて制作された「パーフェクト・レボリューション」は、重度の身体障害を持ち車椅子生活を送りながら、障害者の性に対する理解を訴えるために活動するクマと、彼が恋に落ちた人格障害を抱えた風俗嬢ミツの交流を描いたラブストーリー。銀杏BOYZの「BABY BABY」が劇中曲で、RUDE BONESの「THE RACE」がオープニングテーマ、チーナの「世界が全部嘘だとしても」がエンディングテーマとして使用されている。

Fukaseは本作について「『難しい』問題に向き合った作品。作品の中で何度も『無理だ』という言葉が出てくる。でも今実現されてる現実は、かつて『無理だ』『難しい』と言われてきたものなんじゃないだろうか。諦めのプロフェッショナルが挑む戦いの映画」と説明し、峯田は「ちいさな星のちいさなふたりが大っきいLOVEを抱きしめる話です」とコメント。椎名は「最高に最高な恋愛映画。最初観た時になんて良い映画なんだ…!と思ったけど、今もう一回改めて観て、やっぱりエネルギーに溢れためちゃくちゃに素晴らしい作品でした」と述べている。

(c)2017「パーフェクト・レボリューション」製作委員会

音楽ナタリーをフォロー