音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

ももクロが“笑顔の力”発揮した「春の一大事」来年の開催地を募集

2332

ももいろクローバーZ(Photo by HAJIME KAMIIISAKA+Z)

ももいろクローバーZ(Photo by HAJIME KAMIIISAKA+Z)

ももいろクローバーZが4月8、9日に埼玉・富士見市第2運動公園でライブイベント「ももクロ春の一大事2017 in 富士見市~笑顔のチカラつなげるオモイ~」を開催した。この記事では2日目公演の模様をレポートする。

ももクロが「春の一大事」を実施したのは、2014年3月の東京・国立競技場公演「ももクロ春の一大事2014 国立競技場大会~NEVER ENDING ADVENTURE 夢の向こうへ~」から約3年ぶりのこと。今回は有安杏果が幼少期に暮らし、現在PR大使を務めている富士見市の運動公園を舞台に2日間行われた。両日あわせてのべ4万5178人を動員し、全国57カ所で催されたライブビューイングには1万1500人が来場した。

連日の降雨により、来場者の足元の状態が悪いという状況ながらも開演前に雨は上がり、オープニングSE「overture ~ももいろクローバーZ参上!!~」が流れると、観客は大きな声を出してヒートアップ。百田夏菜子、玉井詩織、佐々木彩夏、有安、高城れにの5人は歓声を浴びながら桜色の衣装を着て登場し、ダウンタウンももクロバンドの演奏をバックに故郷をテーマとしたナンバー「カントリーローズ -時の旅人-」を1曲目に届けた。続けて「ツヨクツヨク」「ゴリラパンチ」「猛烈宇宙交響曲・第七楽章『無限の愛』」「DNA狂詩曲」と間髪入れずに人気曲を披露する。今回の公演にはバンドメンバーとして元JUDY AND MARYのTAKUYA(G)が参加しており、彼は時折ステージの前面に飛び出してギターを弾くなどして存在感を示していた。

ももクロは自己紹介を含むMCのあと、春にぴったりな雰囲気の「行く春来る春」「桃色空」などを歌唱したあと一旦退場。その後ステージでは宮城県から参加した東松島市大曲浜獅子舞保存会による獅子舞の演舞や、100人を超える地元富士見市と宮城・東松島市の児童たちによる合唱が披露された。衣装チェンジをしてステージに再び現れたももクロは、児童たちと一緒に「青春賦」を合唱。観客エリアでは合唱にあわせて色鮮やかなサイリウムの光が大きく左右に揺れ、すっかり陽の落ちた場内に一体感のある光景が広がった。

続けてももクロはロックチューン「WE ARE BORN」をパワフルに歌い踊り、「堂々平和宣言」ではサングラスを掛けて意気揚々とラップを繰り出した。MCコーナーでは、佐々木がステージの奥からスズキのハスラーを特別に塗装した“痛あーりん車”を運転して登場し、自動車の運転免許を取得したことをファンに報告。玉井から運転中の表情がこわばっていたことを指摘された佐々木は「このまま(ステージを)突っ切って行ったらどうしようって緊張した!」と胸中を明かした。さらに佐々木は8月25、26日に東京・両国国技館でソロコンサート「AYAKA-NATION 2017(仮)」を行うことも発表。すると高城が「あーりん、ついにそっちの道に!」、有安が「土俵入り?」、百田が「体型はばっちり!」などと思い思いに発言していく。佐々木はそれをさえぎり、「まだあります! 今日は春の3大あーちゃん告知なの! なんとついにソロシングルが発売になります! やったー!」と喜び、スクリーンには8月23日に佐々木の1stソロシングル(タイトル未定)が発売される旨が掲示された。

佐々木による発表でMCコーナーを終えたももクロは、ライブの後半に「Chai Maxx」などをパフォーマンスし、「愛を継ぐもの」ではファンと息の合った掛け合いに興じた。その後、百田が突如、作戦会議と称してメンバーを招集し、センターステージでマイクを使わず密談に。その途中、ももクロのライブの常連ゲストである松崎しげるがメインステージに登場し、ももクロの夏ライブの詳細などを「愛のメモリー」の替え歌で発表していった。歌唱後、松崎は有安杏果が3月に日本大学芸術学部写真学科を卒業したことについて「杏果、本当に卒業おめでとう!」と祝福メッセージを贈った。

また松崎は先ほど自身が替え歌で発表した8月5、6日に東京・味の素スタジアムで開催の夏ライブ「ももクロ 夏のバカ騒ぎ 2017 - FIVE THE COLOR Road to 2020- 味の素スタジアム大会」に触れ、「次の『バカ騒ぎ』はアスリートたちの祭典だよ! 8月までに君たちは体を鍛えておかないと! 免許取り立てだからって運転してる場合じゃない!」とメンバーを煽る。すると百田が「この子(佐々木)、もうすぐ土俵入りなんです」と返し、松崎は「なら『バカ騒ぎ』に知り合いの力士を連れてくるから!」などと脱線気味のトークを展開した。

松崎が去ったあと、百田は先ほどオフマイクで作戦会議した理由として「今日、地面がドロドロでトロッコが使えなくなっちゃって、話し合いをしてたの」と告白。ステージ脇に準備されていた会場内移動用のトロッコを使わずに次の曲を披露することを宣言した百田は「行くぞ! みんなが大好きって言ってくれるあの曲です!」と次曲をコールし、人気曲「走れ! -Z ver.-」へ。5人は花道やステージをいっぱいに使って歩き回り、ファンに笑顔を届けた。ライブはピンク色のテープが噴射された「Link Link」でさらに盛り上がり、本編のエンディングを「Guns N' Diamond」で迎えた。

アンコールでは、「行くぜっ!怪盗少女」で百田が間奏でエビ反りジャンプを決めるなどメンバーそれぞれがエネルギッシュなパフォーマンスを見せたほか、5人に混ざってTAKUYAがギターを弾きながら花道を歩いて歓声を浴びていた。そして「あの空へ向かって」で全演目を終えたももクロは、最後の挨拶で5人それぞれが“笑顔”について自身の思いを述べていく。高城は「笑顔が素敵って言ってくれる人がいるけど、私たちの笑顔の源はみんながいるからだよってことを改めて知ってもらいたいなって。ももクロのライブは笑顔でみんなとつながれるんです。一緒にこれからも笑顔を広げていきましょう」、佐々木は「モノノフさん1人ひとりから笑顔をたくさんもらいました。同じ思い出を共有できてうれしかったです。これからもたくさんみんなの笑顔を見せてくださいね」、玉井は「女性グループって歳を重ねると難しいんじゃないかと思ってたんですけど、今はそんなこと思ってないです。皆さんの笑顔があれば、私たちはどこまでも進んで行けると思います」とコメント。さらに幼少期に過ごしていた街での凱旋ライブという形になった有安は「私はここに住んでいた小さい頃からこういうお仕事はさせていただいていたんですが、そのときからいつかこういう大きいステージに立てたらなあって。夢の夢の夢の夢くらいに思ってたんで、本当に不思議な気持ちだけど、続けていたらこういう日が来るんだなって。今日の私たちのパワーが、明日のみんなのがんばる力になればいいなと思ってます」と感慨深げに話した。

そして百田は最後に「今こうしてこのメンバーでステージに立てているって本当にありがたいことだなと改めて思います。もし『あなたたちの武器はなんですか?』って聞かれて『笑顔です!』って答えたときにさ、『そんなバカな』って思われるかも知れない。でも笑顔が武器って本当にすごいことだと思うし、もし『笑顔の力でここまで進んできました』って言えたら、何よりもカッコいいって感じがします」と自身の思いを吐露。続けて「もっともっと笑顔の力で明るくしていきたいということで、私たち、日本の全国各地で『春の一大事』を開催することにしました!」と突然の告知をして場内をざわつかせる。スクリーンには2018年4月21、22日に「ももクロ 春の一大事 2018」が開催されることと、「受け入れてくれる地域の方 大募集!!」という文字が表示されており、百田は「もし、ももクロを受け入れます!っていう地域がありましたら、ぜひスターダストプロモーションまでご連絡を」と話して笑いを誘い、感謝の言葉を述べて挨拶を締めくくった。来年のももクロがどこで「春の一大事」を行うのか、ファンは続報を楽しみにしておこう。

ももいろクローバーZ「ももクロ春の一大事2017 in 富士見市~笑顔のチカラつなげるオモイ~」
富士見市第2運動公園 セットリスト

4月8日公演

SE. overture ~ももいろクローバーZ参上!!~
01. words of the mind -brandnew journey-
02. ゴリラパンチ
03. 行くぜっ!怪盗少女
04. DECORATION
05. ザ・ゴールデン・ヒストリー
06. マホロバケーション
07. D'の純情
08. サボテンとリボン
09. 全力少女
10. WE ARE BORN
11. 青春賦 with 富士見市&東松島市の子どもたち
12. サラバ、愛しき悲しみたちよ
13. 5 The POWER
14. 『Z』の誓い
15. デモンストレーション
16. Chai Maxx
17. 走れ! -Z ver.-
18. コノウタ
19. 行く春来る春
20. Link Link
<アンコール>
21. 仮想ディストピア
22. ツヨクツヨク
23. 希望の向こうへ
24. あの空へ向かって

4月9日公演

SE. overture ~ももいろクローバーZ参上!!~
01. カントリーローズ -時の旅人-
02. ツヨクツヨク
03. ゴリラパンチ
04. 猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」
05. DNA狂詩曲
06. 行く春来る春
07. マホロバケーション
08. 桃色空
09. いつか君が
10. 黒い週末
11. 青春賦 with 富士見市&東松島市の子どもたち
12. WE ARE BORN
13. 堂々平和宣言
14. PUSH
15. 希望の向こうへ
16. Chai Maxx
17. 愛を継ぐもの
18. 走れ! -Z ver.-
19. Link Link
20. Guns N' Diamond
<アンコール>
21. DECORATION
22. 行くぜっ!怪盗少女
23. 灰とダイヤモンド
24. あの空へ向かって

ももいろクローバーZ「ももクロ 夏のバカ騒ぎ 2017 - FIVE THE COLOR Road to 2020- 味の素スタジアム大会」

2017年8月5日(土)東京都 味の素スタジアム
2017年8月6日(日)東京都 味の素スタジアム

ももいろクローバーZ「ももクロ 春の一大事 2018」

2018年4月21日(土)会場未定
2018年4月22日(日)会場未定

佐々木彩夏ソロコンサート「AYAKA-NATION 2017(仮)」

2017年8月25日(金)東京都 両国国技館
2017年8月26日(土)東京都 両国国技館

音楽ナタリーをフォロー