音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

スピッツ「渚」が「NexTone Award」Gold Medalを受賞、草野マサムネの手形が渋谷に

1902

スピッツの楽曲「渚」が、著作権管理事業を展開する株式会社NexToneが主催する「NexTone Award 2017」のGold Medalを受賞した。

「NexTone Award」は同社が著作権管理している著作物の中から、著作権使用料の分配実績の高い作品の著作者および音楽出版社を表彰するもの。草野マサムネ(Vo, G)は1996年にリリースした楽曲がGold Medalを受賞したことを受け「今なおCMに使っていただいたり、メディアでオンエアしていただいたり、カバー曲として取り上げていただいたりというある種の『ご褒美』が大きな励みになっていたりもします」「ミュージシャンだけの力ではなく、音楽に携わる様々な方の熱意に支えられて今があると改めて感じます」とコメントしている。今回の受賞を記念して東京・HMV&BOOKS TOKYO 6Fの特設コーナーでは、草野の手形プレートと表彰時の写真などが4月19日まで展示されている。

このほか「NexTone Award」では、STYが作詞作曲を手がけた三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE「J.S.B. DREAM」にSilver Medalを、篠原誠が作詞、島袋優(BEGIN)が作曲を担当した桐谷健太「海の声」にBronze Medalを授与。またTHE YELLOW MONKEYのオフィシャルSNSの運営元である「TYMS PROJECT」に特別賞を与えた。

草野マサムネ コメント

今年、スピッツは結成30周年を迎えます。
30年の間には音楽を取り巻く環境も色々と変化してきました。
その中で自分も音楽人として学ばせてもらいつつ、現在も常に新しい作品を作ることに熱意を保ちながら活動できています。
それは、この「渚」のように、かなり昔にリリースされた楽曲を今なおCMに使っていただいたり、メディアでオンエアしていただいたり、カバー曲として取り上げていただいたりというある種の「ご褒美」が大きな励みになっていたりもします。
ミュージシャンだけの力ではなく、音楽に携わる様々な方の熱意に支えられて今があると改めて感じます。
ありがとうございます!

音楽ナタリーをフォロー