音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

嗣永桃子がカンガル&ハロプロを卒業、芸能界引退へ

25340

カントリー・ガールズ

カントリー・ガールズ

カントリー・ガールズの嗣永桃子が2017年6月30日をもってグループ、及びハロー!プロジェクトを卒業することを発表した。

これは本日11月5日に東京・新宿ReNYで開催された「カントリー・ガールズ ライブツアー2016冬」の公演にてサプライズ発表されたもの。開演前に報道陣を集めて行われた記者会見で嗣永は「私、嗣永桃子は来年の6月30日をもちましてカントリー・ガールズおよびハロー!プロジェクトを卒業します。この日は私がハロプロのオーディションに合格してアイドルになった記念すべき日でもあり、15年目という節目の年でもあります。そしてカントリー・ガールズには今から2年前にプレイングマネージャーに就任し、2、3年かけてメンバーを一人前にしていきたいという目標を掲げて今まで活動してきましたが、みんなたくましく成長してくれて。じゃあ次は私の番だなと思い、以前から興味のありました幼児教育の勉強をたくさんして、いずれはそちらの方向でお仕事をやっていきたいと考えています。残り約8カ月となりますが、アイドルとしても芸能人としても悔いの残らないように精一杯がんばっていきたいと思います」と卒業の理由を述べ、卒業後は芸能界を引退することを明言した。

嗣永は大学卒業と同時に小学校と幼稚園の教育免許を取得していることを報告。「免許を取ったといってもまだまだ無知な部分もあるので、卒業後はしっかり勉強して特にやりたい分野を決めていきたいと思います」と嗣永が述べると、小関舞は「ももち先輩が卒業されてしまうのは本当に寂しいんですけど、ももち先輩の“かわいらしさ”を継承して、私がもっともっとかわいくなっていきたいと思います」とかぶせる。山木梨沙も「私たちは2年間、近くでももち先輩の光り輝く背中を見てきたので、ももち先輩の成分をしっかり吸収して成長に繋げていきます」と今後の意気込みを語った。ちょうど1年前の今日加入した船木結は「テストでひどい点数を取ってしまったときにももち先輩から“アイドルは学業との両立が大事”と、厳しく教えていただいた」、梁川奈々美は「ももち先輩といえば“かわいいの権化”。アイドルはかわいらしくなければいけないという姿勢をこれからも忘れずに私も成長していきたい」とコメントした。

また芸能界を引退することについて嗣永は「芸能界にとどまらず世界中の人を悲しませてしまうと思うんですけど、寂しい思いをさせてしまって“許してにゃん♪”って思いでいっぱいですね。だからこそ残りの時間、悔いの残らないように完全燃焼したい。アイドル界に伝説を残したい」と嗣永らしいコメントで記者陣を和ませた。

さらに嗣永は「℃-uteやBerryz工房のメンバーには卒業することは事前に報告しました。℃-uteの解散も同じくらいの時期なので、ちょうど私と同期のメンバーがハロプロからごそっといなくなってしまいますが、それは後輩のたのもしさを実感したから。カントリー・ガールズはまだ若いグループですが、しっかりと“ももちイズム”を引き継いでハロプロを背負っていけるような存在になってほしい」とメンバーへの思いを述べた。

最後に教育者への道を進むにあたり、どのような存在になっていきたいかという記者からの質問に対して、嗣永は「アイドル活動を通して感じたことを子供たちに伝えられたらとは思います。そのほうが私自身に向いていると思うので。教え子からアイドルが生まれたら素敵ですね(笑)。その子がカントリー・ガールズに入ったらすごいことになる。ももちのアンドロイドみたいな子になるかな(笑)。そういうことがあったときに『カントリー・ガールズ、たいしたことないな』って思われないように、みんなには成長してほしいです」と述べて、会見を締めくくった。

音楽ナタリーをフォロー