音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

ユーミンカバーでコラボ実現、沖ちづる&南壽あさ子ツーマン

84

「SONGS OF YESTERDAY」の様子。(撮影:木村泰之)

「SONGS OF YESTERDAY」の様子。(撮影:木村泰之)

10月21日に東京・六本木VARIT.で、沖ちづる南壽あさ子が出演するライブイベント「SONGS OF YESTERDAY」が開催された。

沖と南壽のツーマンライブとして実施された「SONGS OF YESTERDAY」。先陣を切った沖は、白い水玉模様の入った黒ワンピースをまといステージに上がった。フロアが緊張感に包まれる中、彼女は「旅立ち」でライブを開始。続く「朝の光」では牧歌的なメロディで会場を和ませた。

2曲の演奏を終えると、沖は「念願叶って南壽あさ子さんとのツーマンライブが実現しました。今晩は楽しんでいってください」とオーディエンスを歓迎。その後も亡くなった友人に向けて歌った「クラスメイト」、自身も出演する映画「くも漫。」の主題歌「誰も知らない」などを立て続けに歌い、観客をそれぞれの歌の世界に引き込んでいった。

少しの休憩を挟み、続いては白いワンピース姿の南壽が登場。彼女は「今晩は『SONGS OF YESTERDAY』というイベント。過去を回想させる曲を中心にお届けします」と挨拶すると、まずは海を舞台にした「回遊魚の原風景」「八月のモス・グリーン」の2曲を披露した。

さらに南壽は「冬になると歌いたくなる歌」と明かした「冬の旅人」のほか、自身が“おうちシリーズ”と呼ぶ「積水ハウスの歌」「エネルギーのうた」を歌唱し、フロアを温かな空気で包み込んでいく。最後は「悲しいことがあったときに希望になる歌」と説明した最新シングル曲「flora」で出番を終えた。

アンコールではまず南壽が「星のもぐる海」を演奏。さらに南壽は沖を呼び込み、初めて出会った際のエピソードを語ったのち、荒井由実「翳りゆく部屋」をデュエットで披露した。南壽と沖は交代で歌い、息ぴったりのパフォーマンスでイベントを締めくくった。

SONGS OF YESTERDAY
2016年10月21日 六本木VARIT. セットリスト

沖ちづる

01. 旅立ち
02. 朝の光
03. クラスメイト
04. 下北沢
05. 誰も知らない
06. 僕は今
07. 二十歳のあなたへ

南壽あさ子

01. 回遊魚の原風景
02. 八月のモス・グリーン
03. 冬の旅人
04. みるいろの星
05. 積水ハウスの歌
06. エネルギーのうた
07. フランネル
08. flora

アンコール

01. 星のもぐる海(南壽あさ子)
02. 翳りゆく部屋(南壽あさ子&沖ちづる / オリジナル:荒井由実)

音楽ナタリーをフォロー