音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

15万人集結!驚きと感動にあふれたGLAYスタジアム公演

デビュー15周年を迎えたGLAYが、8月15日・16日の2日間にわたり横浜・日産スタジアムでアニバーサリーイヤーを祝う単独ライブ「GLAY 15th Anniversary Special THE GREAT VACATION in NISSAN STADIUM」を開催した。

15年分のファンへの感謝をおもてなしで表現しようということから、「HOTEL GLAY」というコンセプトが掲げられた今回のライブ。メインステージには南国のリゾートホテルを彷彿とさせる全長110メートル、高さ30メートル、総制作費15億円の豪華なセットを設置。さらに、少しでも近くでファンに感謝を気持ちを伝えたいという思いを実現すべく、アリーナ席を1周する全長約500メートルの花道とメインステージの対極に位置するミニステージが作られ、あらゆるところまでサービスが行き届いた“ホテル”がスタジアムに作られた。

また、GLAYの歴史を2日で振り返るという大きなテーマを軸に、初日は「ROCK」、2日目は「LOVE」をテーマに両日異なるセットリストを展開。2日間で約15万人が来場し、真夏の日産スタジアムを華やかに盛り上げた。

初日も好天に恵まれたが、2日目もまさに夏日という天気。傾きかけた陽がスタジアムを照らす中、ライブ開始5分前からスクリーンではカウントダウンがスタート。そしてカウントが“0”になったとき、「HOTEL GLAY」の従業員として働くメンバー4人の姿がスクリーンに映し出される。スクリーン上でメンバーの名前が紹介され、メンバーたちの着替えシーンが終わったところで、実物の4人が次々とステージ上に。TERU(Vo)は広い会場を見渡すと「OK、行くぞ!」と叫び、「GREAT VACATION」でライブの幕開けを飾った。

1回目のMCでTERUは「(今日は)『LOVE』がテーマだからメロウな曲だけをやるんじゃなくて、今のGLAYを作ってくれた曲をやります」と宣言。それに続いたのは、初のチャート1位を獲得した2ndアルバム「BEAT out!」に収録されている「グロリアス」。さらに「夏と言えばコレでしょ?」という言葉の後は「summer FM」をパフォーマンス。TERUはタンバリンを手に、HISASHI(G)はエレアコを弾き、涼しげな空気をスタジアムに吹き込む。

演奏する曲すべてがGLAYにとって思い入れのある曲のため、TERUは曲ごとに丁寧に解説を披露。「(この曲を発表されたことで)GLAYの心が解放された」というエピソードを持つ「サバイバル」では、突き抜けるようなTAKURO(G)とHISASHIのギターがスタジアムの興奮を煽っていく。「Cynical」では色とりどりの巨大バルーンが宙を舞い、祝祭ムードを倍増。そして「(演奏するのが)ひさびさ」という「千ノナイフガ胸ヲ刺ス」では、夕陽がステージを照らし4人の姿を浮かび上がらせドラマチックな演出を加えた。

アッパーチューンに定評のあるGLAYだが、バラードナンバーも魅力的。中盤戦のハイライトは、なんと言っても「ずっと2人で…」「HOWEVER」「julia」の名バラードが披露された場面。中でも、GLAYの原点とも言えるデビュー曲「Rain」の原型となった「julia」はTAKUROとTERUのアコースティックスタイルで奏でられ、観客の耳と心を釘付けにした。

後半戦は「More than Love」からキックオフ。メインステージの対極に設置されたミニステージに揃ったGLAYとサポートメンバーの6人は、先ほどのバラードとは打って変わってアグレッシブなプレイを見せる。ファンへの感謝をユーモアたっぷり交えながら語る各メンバーのMCを経て、「HAPPY SWING」で再びメインステージに帰還。気付けばホテルの窓がいつしか巨大なスクリーンに変わり、楽曲ごとに異なる彩りを添える。「彼女の"Modern..."」では赤い花々がグラマラスなサウンドを演出し、JIRO(B)の骨太なベースから始まる「SHUTTER SPEEDSのテーマ」ではJIROの姿が巨大なスクリーンに出現し会場を盛り上げた。

そして、いよいよライブもクライマックスに突入。TAKUROのギターから始まった「ACID HEAD」では、その音色に合わせて火炎や火弾がステージ上を飛び交う驚きの演出も。さらに花火がホテルの屋上にあたる場所から打ち上げられると、それまで建物一部として存在していたフルーツのオブジェがGLAYメンバーの顔を模した物に変わるサプライズを用意。一方でステージ上のメンバーはライブ開始時から変わらないテンションで最高のプレイを披露し、ドラマチックな演出と相まってオーディエンスを満足させたのは言うまでもない。

「ACID HEAD」の演奏が終わると、TERUが再びマイクを手に語り始める。「これまで、ライブハウスやホール、アリーナなどたくさんの場所でライブをやってきました。でも、ステージ立ってるときはいつも同じ気持ちで……目の前の人をどれだけ幸せにできるのかということを考えてます」「俺たちは歌と演奏に愛情を注いで皆に届けることしかできないバンドだけど、これからもよろしくお願いします」と真摯な言葉でファンへの感謝を伝えた。

本編ラストを飾ったのは、その思いを形にしたような「I'm in love」。ファンのあたたかな合掌に感極まったTAKUROとHISASHIは涙をこらえながらギターを鳴らし、JIROは頷きながら客席を見渡す様子をみせる。曲の終盤ではファンによるサビの大合唱が起こり、スタジアムに美しくこだました。

だが、ライブはこれだけでは終わらない。アンコール直前には「HOTEL GLAY」が停電になったという設定で、会場が暗闇に包まれるハプニングが発生。緊急事態を知らせるサイレンが響く中、復旧作業に努める4人の姿がスクリーンに映し出される。無事作業が終わったところで、衣装替えをした4人とサポートメンバーがステージに再登場。アンコール1曲目「ピーク果てしなく ソウル限りなく」を歌い終えると、TERUは「まだまだ15周年。俺たちは20周年がある。一緒に行こうぜ!」と宣誓し「BEAUTIFUL DREAMER」へと繋げた。

演奏終了後は、「アリーナツアー絶対来いよ!」というJIROの叫びでオーディエンスが一斉にハイジャンプ。さらに、サポートメンバーを含めた6人で花道をゆっくりとねり歩き、ファンと挨拶を交わす。そしてメインステージに再び戻ってきたところで「Thank You」とファンに告げると、メンバーたちは「HOTEL GLAY」に吸い込まれていった。

15周年という節目を経ながらも、まだ実現したい夢があることを語ったGLAY。しかし、それはファンやスタッフの力なくしてはできないことだと、この日のライブでは何度も口にしていたのが印象的だった。そして、その感謝の思いを形にしたライブは「HOTEL GLAY」のコンセプトにふさわしくホスピタリティも万全。誰もを笑顔にする最高の2日間となった。

なお、このライブの模様は本日8月17日(月)22時よりWOWOWにてオンエア。視聴環境にある人は、サプライズと感動にあふれたライブの様子を追体験しよう。

「GLAY 15th Anniversary Year Special THE GREAT VACATION in NISSAN STADIUM」 8月15日セットリスト

01. GREAT VACATION
02. LAYLA
03. GLOBAL COMMUNICATION
04. MERMAID
05. laotour ~震える拳が掴むもの~
06. ROCK'N'ROLL SWINDLE
07. STREET LIFE
08. RUN
09. julia
10. STARLESS NIGHT
11. THE BIRTHDAY GIRL
12. つづれ織り~so far and yet so close~
13. Synchronicity
14. I am xxx
15. HIGHCOMMUNICATION
16. VERB
17. ピーク果てしなく ソウル限りなく
18. BEAUTIFUL DREAMER
19. SAY YOUR DREAM
EN1. SHUTTER SPEEDSのテーマ
EN2. ACID HEAD

「GLAY 15th Anniversary Year Special THE GREAT VACATION in NISSAN STADIUM」 8月16日セットリスト

01. GREAT VACATION
02. ビリビリクラッシュメン
03. グロリアス
04. SOUL LOVE
05. summer FM
06. サバイバル
07. Cynical
08. 千ノナイフガ胸ヲ刺ス
09. ずっと2人で...
10. HOWEVER
11. julia
12. More than Love
13. 生きてく強さ
14. 誘惑
15. HAPPY SWING
16. 彼女の"Modern..."
17. SHUTTER SPEEDSのテーマ
18. ACID HEAD
19. I'm in love
EN1. ピーク果てしなく ソウル限りなく
EN2. BEAUTIFUL DREAMER

音楽ナタリーをフォロー