音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

前野健太が主演映画「変態だ」で不倫バンドマンに、原作はみうらじゅんで監督は安齋肇

827

前野健太が主演する映画「変態だ」が12月10日より劇場公開されることが決定した。

この映画はみうらじゅん企画・原作で、安齋肇が監督を務める、ロック&ポルノをテーマにしたR-18指定の青春ムービー。松竹ブロードキャスティングの「オリジナル映画製作プロジェクト」の番外編として、「みうらじゅんが今観てみたいポルノ映画を作ろう」というコンセプトで制作された。安齋が劇場映画で監督を務めるのは今作が初となる。

前野が扮する主人公は、大学でたまたま入部したロック研究会でのバンド活動を契機に、ミュージシャンとしての道を歩みだす男。彼はやがて結婚し、妻と息子とともに普通の家庭生活を送り始めるが、一方で学生時代から続く妻以外の女との愛人関係を断てずにいる。そんな彼の日常は、地方の雪山で行われたライブを境に一変する。

主人公の妻を演じるのはAV女優の白石茉莉奈。主人公の愛人は元・宝塚歌劇団月組の男役で退団後は女優として活躍する月船さららが熱演する。

2003年公開の「アイデン&ティティ」では銀杏BOYZの峯田和伸、2009年公開の「色即ぜねれいしょん」では黒猫チェルシーの渡辺大知と、過去のみうらじゅん原作映画でもアーティストが主演し好評を博してきたが、今回の「変態だ」もまた大きな注目を集めることになりそうだ。

安齋肇コメント

映画って本当に素晴らしいですね。でも大変だ。今まさに有能なスタッフ達と最後の最後の追い込み中です。大変だ。でもこんなチャンス、二度とないですから。似合わないかもしれませんが、粉骨砕身ロックしています。主演の前野健太が死に物狂いで変態するサマを、是非ご覧ください。

みうらじゅんコメント

「ポルノ映画、撮りませんか?」、そんなこと頼まれてはお断わりする理由も見つからず、早速、監督を安齋さんにお任せしました。18禁だから大概のことはやってもいいとお伝えし、原作をお渡ししましたが、安齋さんは現場に遅刻することなく低予算の中で全く新しい青春ポルノ映画を完成。たぶん今年のアカデミー賞を総ナメされることでしょう。

音楽ナタリーをフォロー