音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

ストレイテナー、サッカー選手の挫折と再生描く「U-31」に主題歌提供

759

ストレイテナー

ストレイテナー

ストレイテナーの新曲「原色」が、今夏公開の映画「U-31」の主題歌に決定した。

「原色」は5月18日にリリースされるストレイテナーのニューアルバム「COLD DISC」の1曲目を飾るナンバー。「U-31」は綱本将也原作のマンガを実写化した映画で、かつて日本代表として活躍したサッカー選手の挫折と再生が描かれる。

映画の監督を務める谷健二は「以前から、とてもかっこよく完成されたバンドだと感じていました。さらに、現状に満足しないで、まだまだ何かやってくれそう、という期待感が物語の主人公とリンクし、今回の映画の主題歌をぜひやってもらいたいと思いました」と主題歌を依頼した理由を説明。ホリエアツシ(Vo, G, Key)は「『原色』という曲は、現実と理想の間で揺れ動く葛藤、周りの目や声に惑わされず、自身の意志を強く持つというテーマで書きました」と制作時に意識したことを明かし、「心に正直にあろうという思いは、僕が歌詞で表現し続ける恒久のメッセージでもあり、この映画を観て、真っ直ぐにそんな詞を書こうと思いました。夜から朝にかけてのシーンが印象的で、夜明けをイメージしたサウンドスケープをストレイテナー渾身のアンサンブルで描いています」と語っている。

また「COLD DISC」の収録内容も明らかに。「原色」や本日4月20日にリリースされた最新シングル「シーグラス」の表題曲を含む全11曲となる。

ストレイテナー「COLD DISC」収録内容

CD

01. 原色
02. シーグラス
03. Curtain Falls
04. Alternative Dancer
05. Dark City
06. DAY TO DAY
07. NO ~命の跡に咲いた花~
08. The Place Has No Name
09. Goodnight, Liar Bird
10. Force
11. 覚星

初回限定盤DVD「EMOTION PICTURE SOUNDTRACK 4」

・Super Magical Illusion
・冬の太陽
・The World Record
・The Place Has No Name
・NO ~命の跡に咲いた花~
・DAY TO DAY
・シーグラス

音楽ナタリーをフォロー